シュガーワックスを作って自宅で簡単脱毛!作り方と効果的なやり方


身体のムダ毛処理に困ってはいませんか?明日は大切な日なのでもっと簡単に脱毛することができたらいいのにな・・・そう感じる女性は多いようです。

また、自宅の脱毛処理はカミソリを使用するので少なくとも肌に刺激を与えて荒れてしまったり乾燥しやすくなるなどデメリットも多いことが特徴です。

そんな悩みを解消する、自宅でも作ることができて効果の高いシュガーワックスを詳しく見ていきましょう。

シュガーワックスって?

ではまず今天然美容として少しずつ注目されてきているシュガーワックスとは何かをこちらでご紹介します。

シュガーワックスとは

まずシュガーワックスは「砂糖で作る脱毛ワックスのこと」です。

砂糖からできているのでそのまま名前がシュガーになっているようで、最近では砂糖のようにワックスで脱毛することを総称して「ブラジリアンワックス」という名前で呼ばれています。

シュガーワックスは「粘り気のあるテクスチャー」が特徴的な感触となっています。原料はすべて食用のものなので肌に付いても安心安全なことも人気のヒミツになっています。

シュガーワックスが脱毛処理に向いているワケ

シュガーワックスに使用する原料として主に「砂糖とレモン果汁」があります。砂糖は食べるだけではなく肌に塗ったり付けることでモチモチした感触を長くキープすることができる効果があります。

また、レモン果汁には「肌バリアを作る効果」があると言われています。外部からの肌刺激から乾燥を防いだり肌表面の水分を蒸発させないコーティングをしてくれるので美肌には欠かせない存在ですね。

シュガーワックス脱毛のメリット

手軽に作っている人が多いと人気のシュガーワックスですが、他のワックス脱毛とどのような違いがあるのでしょうか?

ここでは主に脱毛処理にシュガーワックスを使うメリットをご紹介します。

1. 低価格で安全

まずはなんといってもコスパの良さというメリットがあります。通常、ワックス脱毛は1つで安いものでも2000円~5000円します。

それに比べてシュガーワックスは自宅にある砂糖とレモン果汁と水で作ることができるのでコストが安く済むという嬉しいポイントがあります。

また、原料がもともと食品だという点も万が一口に入ってしまったとしても安心なので特に初めて脱毛ワックスを使用する人にもオススメできる方法となっています。

2. 敏感肌の人でも使いやすい

シュガーワックスは原材料が食品という安全性もありながら、そして肌にも優しいという大きな特徴を持っています。

その為、肌がデリケートな敏感肌の人でも使いやすく始めやすい嬉しいメリットがあります。

3. 時短で広範囲を脱毛することができる

脱毛サロン店やカミソリ・毛抜きを使って脱毛ケアをする人の一番の悩みは「時間がかかること」です。

シュガーワックスは通常のワックス剤よりも温めると伸びが良く短時間で広範囲な脱毛が可能だと言われています。

毎日キレイを保ちたいからこそ、チクチクする細かな毛のケアが時短でできることは嬉しいですよね。

簡単!シュガーワックスの作り方

では、そんな利便性やコスパの評価の高いシュガーワックスはどのように作ることができるのでしょうか?ここでは主に脱毛シュガーワックスの基本的な作り方をご紹介します。

まず使う材料を集めます。使用する材料は「グラニュー糖(上白糖でも可能)450g」・「水450~460ml(グラニュー糖よりも少し多めが良いです)」・「レモン果汁60ml」の3つです。

この3つの材料を火にかける前の鍋にすべて入れます。はじめは沸騰させる必要があるので中火くらいで沸騰させ、沸騰したら弱火~中火にして約30分かき混ぜます。

濃い飴色くらいの色で感触がトロトロしてきたら火を止めましょう。ここで大切なことは、火を付けている間は焦げないようにかき混ぜましょう。意外と上の方は大丈夫でも鍋下は焦げ付きやすくなっているので要注意です。

火を止めたら、すぐにスプーンで少量をすくって冷水にとりましょう。ここでちょうど良い固さになったら必ず鍋のまま粗熱を取ってから容器に移せばシュガーワックスの完成です。

もしカチカチになってしまう場合は再び鍋にかけて少し水を足してトロトロの程良い固さにしていきましょう。

また、材料のシュガーワックスは砂糖と水だけではなく、砂糖が完全に固まってしまうのを防ぐ「レモン果汁」は必須アイテムとなってきます。砂糖は上白糖や三温糖・きび糖でも代用可能ですが、グラニュー糖の方が溶けやすく飴色に色が変わった時もわかりやすいので砂糖はグラニュー糖がオススメです。

シュガーワックスの効果的な使い方

トロトロのシュガーワックスができたらまずは人肌くらいに冷まします。すぐに使う場合は肌に付けることができるくらいまで冷ましてから使用していきましょう。

作って置いてあったシュガーワックスを使用する場合は湯銭で温めてから使います。

人肌くらいに温まって滑らかになったシュガーワックスを少しかき混ぜてから脱毛したい部分に薄く塗っていきます。

この時、肌に密着させることが大切なので皮膚を伸ばしながら塗っていくと効率良く塗ることができます。

塗った後は約10~30分ほど放置し、逆方向に一気に剥がします。できるだけ勢い良く剥がすようにするとキレイに脱毛することができます。

塗った部分をすべて剥がし終えたら、シャワーに行くか濡れタオルで軽く拭き保湿オイルやボディローションでしっかり保湿するようにしましょう。脱毛後の肌はかなりデリケートになっているのでアフターケアの保湿を忘れないようにすることも大切です。

シュガーワックスをオススメできる人・できない人

このように、コストも安くシンプルなシュガーワックス脱毛ですがオススメできる人とできない人がいることも大きな特徴の一つです。ここではそんなシュガーワックスの向き不向きをご紹介します。

注意・オススメできない人

シュガーワックスの使用を控えた方が良い人は「デリケートな敏感肌の人」や「生理中・妊娠中の人」・「中高生・子供」になります。

シュガーワックスは「シンプルで肌質関係なく使うことができる」と言われていますが、最終的には肌を強く引っ張るので肌刺激がある方法となります。その為、敏感肌の人やニキビや肌に炎症がある人も控えることをオススメしています。

意外にも生理中や妊娠中の人は「ホルモンバランスが乱れている」ので肌がデリケートになっています。肌が強くニキビなどがなくても生理中や妊娠中はなるべく肌刺激を避けるようにしましょう。

中高生や子供の中でも最近は子供脱毛が流行っている傾向にあります。しかし、18歳以下の子供の肌はまだ外部刺激から完全に強くできていないのでシュガーワックスは控えることをオススメします。

できれば成長ホルモンの分泌が落ち着いて肌が強くなった時に行う方が効果的だと言えます。

オススメできる人

シュガーワックスをオススメできる人は、基本的には上記の控えた方が良い人の反対の肌質や年齢の人になります。

特に肌が通常あるいは強い人や18歳以上の人であれば幅広い年齢の人にオススメできる方法となっています。

安全な天然脱毛のシュガーワックスで身近に手軽にキレイを実現しましょう!

いかがでしょうか?脱毛方法としてシュガーワックスは今少しずつ人気が出てきている方法です。

最近ではハチミツを加えたり様々なアレンジレシピを紹介しているサイトも多いので、ぜひあなた好みのシュガーワックスを見つけてみてはいかがでしょうか?

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!