ベタつかない「日焼け止めジェル」で、UVケアをしよう!


日焼け止めというと独特のニオイやベタつき、服への色移りが気になるという人もいるでしょう。日焼け止めを毎日使うなら、付け心地の良さを優先したいですね。

付け心地の良い日焼け止めを探している人におすすめなのが、日焼け止めジェル。ドラッグストアやバラエティショップ、あの人気ブランドでも発売されている日焼け止めジェル。

今回は、日焼け止めジェルのメリット、デメリットについて説明していくとともにお手頃価格で買える日焼け止めジェルをメーカー、ブランド別に紹介します。

なぜ、日焼け止めジェルが注目されているの?

日焼け止めも、定番の乳液タイプ、クリームタイプからパウダータイプ、スプレータイプ、エッセンスタイプと様々ですが、注目なのが日焼け止めジェル。

まずは、日焼け止めジェルが人気の理由を見ていきましょう。

「白浮き」しにくいから、腕や脚にも塗りやすい

日焼け止めの悩みといえば塗った部分だけ白く浮いてしまう「白浮き」ですよね。

日焼け止めジェルは、乳液タイプのものと違い透明のものが多いので、白浮きがしにくいといえます。

そのため、メイク前の下地にも使いやすいですし、腕や脚に塗っても服への色移りを気にせずに済みます。

ベタつきにくいから、汗をかく夏も使いやすい

日焼け止め選びで大事なのが、付け心地がいいこと。

日焼け止めはベタつかないということはもちろんですが、伸びが悪いと塗りムラになり、その部分だけ日焼けしやすくなります。

日焼け止めジェルは、乳液タイプのものと比べると液だれがしにくく、クリームタイプよりも伸びがいいので、顔だけでなくボディにも塗りやすいですよ。

日焼け止めジェルの質感はサラッとしたものが多いので、汗や皮脂が気になる夏でも付け心地がしやすく、重ね塗りもしやすいといえます。

SPFとPAの値が高いものが多い

日焼け止めといえば気になるのがSPFとPAの値です。

紫外線には、肌の奥に浸透する紫外線A波と日焼けの原因となる紫外線B波があります。

SPFは紫外線B波から肌を守ることを目的としており、数値が高ければそれだけ日焼けで炎症が起こるのを遅らせることができると考えられています。

PAは紫外線A波から肌を守ることが目的で、+の数が多ければ、肌への浸透を避けることができます。

日焼け止めジェルは、SPF50++++とSPFとPAの値が高めのものが多いので、海やプールの他に、夏フェスや遊園地、キャンプ、バーベキュー、運動会と長時間外に過ごす時におすすめですよ。
汗に強いウォータープルーフタイプなら、夏のレジャーの時も安心して使えますね。

日焼け止めジェルを使う時の注意点

日焼け止めジェルは、ベタつきにくく、全身に塗りやすいというメリットがありますが、気を付けないと日焼け止めとしての効果が発揮しませんよ。

日焼け止めジェルを使う時の注意点を説明します。

日焼けをしないためには、こまめに塗り直しが必要!

SPFの数値が高ければ塗り直さなくても大丈夫と思っていませんか?

汗や皮脂は日焼け止めが落ちる原因になりますし、海やプールではウォータープルーフタイプでも油断はできません。

通常なら2~3時間、海やプール等、外で過ごす時間が長い時は1~2時間置きに塗り直すと日焼けはしにくくなりますよ。

日焼け止めジェルを塗り直す時は、汗や皮脂、体についた水分は拭き取ってから塗るとムラになりにくいですよ。

日焼け止めは目的に合わせて使い分ける

長時間外に過ごすのでなければ、SPFは高くなくても問題ありません。

外に出るのは移動の時のみというなら、SPFの高いものだと肌に負担がかかってしまうかも。

シチュエーション別に、必要なSPFを見ていきましょう。

  • 通勤、通学、短時間の外出…SPF10~30
  • アウトドア・レジャー…SPF30~50
また、室内や電車、車のなかでも窓ガラスを通して紫外線を浴びます。
SPFの数値だけでなく、PAの値にも注意してください。
ドライブの時などは、PAは高めのもののほうが紫外線は浸透しにくくなります。

外出時は日焼け止めを塗るだけでなく、日傘や長そで、腕カバーで紫外線対策をすることも忘れずにしましょうね。

敏感肌の人は、表示成分もチェックしよう!

日焼け止めジェルは、サラサラ感を出したり、白浮きしにくいように「紫外線吸収剤」が使われていることを多いんです。

  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
  • ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
  • ジメトキシベンジリデンジオキソイダゾリジンプロピオン酸オクシル
  • t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
  • オクチルトリアゾン
  • パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル

敏感肌の人や肌が弱い人が日焼け止めジェルを使う時は、紫外線吸収剤不使用のものを選んだほうがよいかもしれません。

添加物として「パラベン」や「エタノール」を配合されているものが多いので、アレルギーを引き起こすこともあるでしょう。

肌馴染みをよくするために「ジメチコン」や「クロスポリマー」といった合成ポリマーも使われています。

敏感肌の人が日焼け止めジェルを使う時は、表示成分も確認した上で使うようにしましょう。

パッチテストで肌に合うかも確認しよう

日焼け止めジェルを初めて使う時は、必ずパッチテストで肌に合うか確認してください。

日焼け止めジェルのような化粧品は、使われている成分が肌に合わないと「かぶれ」や「アレルギー」を起こすことがあります。

商品にパッチテスト済みやアレルギーテスト済みと記載があっても、初めて使うときは必ず自分の肌でパッチテストをしてから使ってください。

ドラッグストアで購入できる日焼け止めジェル

日焼け止めを買う時は、ドラッグストアで買うという人も多いでしょう。

ここではドラッグストアでおなじみの「ニベア」「ビオレ」「コーセーコスメポート」「ロート」から発売されている日焼け止めジェルを紹介します。

ニベアの日焼け止めジェルはクレンジング不要

ニベアの日焼け止めジェルは4種類、クレンジング不要で石鹸だけで落とすことができます。

  • ニベアSUNスーパーウォータージェル SPF35PA+++

肌につけるとスッとなじむ付け心地のいい日焼け止めジェルは、パウダー配合でサラサラが続きます。
SPF35PA+++なので、通勤や通学といった普段使いにもおすすめです。

  • ニベアSUNウォータージェル SPF50PA+++

伸びがいいので、顔だけじゃなく腕や脚にも使いやすい日焼け止めジェル。
ヒアルロン酸配合で乾燥しにくいので、長時間うるおいが続きます。

  • ニベアSUN高密着ケアUVミルキージェル SPF50+PA++++

汗をかいたり、濡れても紫外線から肌を守る「ウォータープルーフタイプ」の日焼け止めジェル。
ミルク色のジェルは、柔らかいテクスチャーで肌の上でサッと伸びていきます。

  • ニベアSUNスーパーウォータージェルエクストラクール SPF50+PA+++

スプレータイプで広範囲に塗りやすい、日焼け止めジェル。
メントール配合で、スーっとするのが気持ちいいですよ。

ビオレの日焼け止めジェルはコスパの良さで人気!

ビオレの日焼け止めジェルは、ボディにもたっぷり使えるコスパの良さで人気です。

  • ビオレ アクアリッチ ウォータリージェル SPF50+PA++++

サラサラより、しっとりとうるおう肌になりたい人におすすめの日焼け止めジェル。
汗と水に強い「スーパーウォータープルーフ処方」なので、夏のお出かけにおすすめです。

コーセーコスメポートの日焼け止めジェルは白浮きしにくい!

コーセーコスメポートに日焼け止めジェルは、SPF50+PA++++と焼きたくない人に人気。
日焼け止めは白浮きが気になるという人にもおすすめですよ。

  • コーセーコスメポート サンカット 日焼け止め透明ジェル スーパーウォータープルーフ SPF50+PA++++

リゾートで焼きたくない人に人気のスーパーウォータープルーフ。
うるおい効果もあるので、日焼け止めによる乾燥が気になる人にもおすすめです。

  • コーセーコスメポート サンカット 日焼け止め透明ジェル ウォータースプラッシュ SPF50+PA++++

暑い夏におすすめのメントール入りの日焼け止めジェル。
ジェルというより水のような質感で、肌にサッとなじみます。

  • コーセーコスメポート サンカット 日焼け止め透明ジェル SPF50+PA++++

日射しが強くなる春先から夏にかけて、普段使いに使える日焼け止めジェルです。
近所へのお出かけや洗濯物を干す時にも使えます。

ロート製薬の日焼け止めジェルは、うるおい効果が抜群!

ロート製薬のスキンアクアシリーズはバリエーションが豊富。
日焼け止めジェルは、化粧水のような質感でうるおい効果も抜群です。

  • スキンアクア スーパーモイスチャージェル SPF50+PA++++

大容量サイズもあり、1日に何度も塗り直しが必要な夏場もたっぷり使えます。
「スーパーヒアルロン酸」「ヒアルロン酸Na」「アミノ酸」「コラーゲン」を配合し、紫外線による乾燥から肌を守ります。

  • スキンアクア モイスチャージェル SPF35PA+++

季節を問わず、オールシーズン使える日焼け止めジェル。
日焼け止め特有の香りがしないので、いつでも安心して使えます。

  • スキンアクア マイルドジェル SPF30PA+++

アルコール不使用で肌にもやさしい日焼け止めジェル。
PM2.5や大気汚染からも肌を守る効果があります。

売り切れ続出で話題の無印良品の日焼け止めジェル

ネットでもなかなか買えないと大人気の無印良品の日焼け止めジェル。
人気の理由を説明していきます。

焼きたくない人にうれしい、高SPF・PA

無印良品の日焼け止めジェルが人気なのは、夏も日焼けがしにくいSPF50+PA++++という所ですよね。

ウォータープルーフタイプなので、汗、水にも強く、海やプールといったレジャーやアウトドアでのスポーツにもおすすめです。

高SPF、PAなら、夏の強い日射しを浴びても安心ですね。

伸びがよくベタつきにくいので全身に使える

無印良品の日焼け止めジェルはポンプタイプで手に取って使えるので、全身にたっぷり塗れますよ。

伸びがいいので、塗りムラになりにくく、肌を紫外線から守ります。

ベタつきにくいけど、ヒアルロン酸Na配合でちゃんとうるおいも与える日焼け止めです。

肌にやさしそうな所も人気の秘密!

SPF50+PA++++と高SPF、PAだと肌に負担がかかりそうですが、無印良品の日焼け止めジェルは、ヒアルロン酸Na配合で肌を乾燥から守ります。

そのうえ「弱酸性」「無香料」「無着色」「無鉱物油」と肌にもやさしそうなイメージがしますよね。

ウォータープルーフタイプでありながら石鹸で落とせるので、クレンジングによる乾燥も防げます。

敏感肌の人に人気の石澤研究所の日焼け止めジェル

石澤研究所の「紫外線予報シリーズ」の日焼け止めジェルは、エタノールだけじゃなくパラベンも使われていません。

SPF30+PA+++で、1年中紫外線ケアができます。

親子で使えるUVさらさらジェル SPF30+PA+++

1歳から使える日焼け止めジェルなので、子どもと一緒に使えます。

ポンプタイプの他に、携帯しやすいチューブタイプもあるので外出先でも塗り直しがしやすいですよ。

石鹸で落とせるので、家族で紫外線ケアをしたいという人におすすめです。

紫外線吸収剤不使用のノンケミカルUVジェル SPF30+PA+++

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めジェルを探している人におすすめなのが、ノンケミカルUVジェル。

界面活性剤も不使用と肌へのやさしさにこだわって作っています。

軽い付け心地で、メイク下地としても使えます。

汗にも強いウォータープルーフタイプなので、夏も使いやすいですね。

日焼け止めジェルで、シミ、ソバカスを予防!

日焼け止めって、日焼けから肌を守るだけでなく、シミ、ソバカスを予防する効果もあるんですよ。

エイジングサインである「たるみ」や「シワ」も紫外線も原因なので、日焼け止めは欠かせませんね。

肌になじみがよい「日焼け止めジェル」なら、顔だけでなくボディも紫外線ケアがしやすいはず。

お気に入りの日焼け止めジェルで、さらさらの美肌を目指しましょう!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!