日焼け止めスプレーは外出先でも使いやすい!選び方のポイント


春、夏の日射しが強くなる季節、日焼けが気になりますよね。従来の乳液タイプの日焼け止めは、背中や髪の毛には使いにくく、メイクの上からは塗り直しがしにくいのが難点です。

背中や首筋といった日焼け止めが塗りにくい部分やメイクの上から使いやすいのが日焼け止めスプレーです。

シュッとひと吹きするだけなので、普段使いにもレジャーの時のUVケアにも使えますよ。

どんどん進化している日焼け止めスプレー、選び方のポイントは?

使い方が簡単で、UVケアの時短ができると人気の日焼け止めスプレー。こだわってほしいのはSPFやPAの高さだけではないのです。

肌が明るく見えたり、虫よけになるものもあり、日焼け止めにプラスαの効果があるスプレーもあります。
敏感肌の人は肌への負担も考えて選びたいでしょう。

日焼け止めの選び方のポイントを説明しますね。

紫外線防止剤の種類をチェックする

日焼け止めというと、SPFやPAの数値が気になりますが、紫外線防止剤の種類にもこだわって選ぶと自分の肌に合った日焼け止めスプレーが選びやすくなると思います。

紫外線防止剤には「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」があり、紫外線吸収剤は紫外線を吸収することで肌への浸透を防ぎ、紫外線散乱剤は光で紫外線を反射させます。

紫外線吸収剤が使われている日焼け止めスプレーのほうが、SPFやPAの数値は高いものが多く、紫外線錯乱剤が使われている日焼け止めスプレーは、オーガニック系のものや子供でも使えるものが多く、SPFやPAの数値は低めです。

紫外線吸収剤を使われている日焼け止めスプレーのなかにも、カプセルに紫外線吸収剤を閉じ込めることで肌への負担を減らしている商品もあるので、レジャー用なのか、普段使いなのか用途にあわせて選ぶとよいでしょう。

機能性を重視する

日焼け止めスプレーというと、汗や水に弱い、白浮きしやすいといわれますが、海やプールといったレジャーでも使いやすいように、肌が濡れた状態で使えるものや肌に密着しやすくムラになりにくいものとかなり進化しています。

SPFとPAが高めの日焼け止めスプレーだと、クレンジング剤を使わないと落ちないといわれていましたが、最近は石鹸やボディソープで落とせるものが増えているので、使いやすさを優先して選んでみてもよいでしょう。

付け心地も重視する

日焼け止めスプレーを使う時、気になるのが肌への付け心地ではないでしょうか。

汗をかくことも多い真夏は、ベタベタしたりヌメりがでやすいものは使いたくないですよね。
日焼け止めスプレーのなかには、顔や体が濡れていても肌に馴染むものや速乾性でベト付きにくいものもあります。

また、日焼け止めの独特なにおいが気になる人もいると思います。
髪の毛に使えるものならフレグランス効果を前面にしているものもありますし、さわやかな柑橘系の香りを付けている日焼け止めスプレーもあるので、店頭で香りを確認してから選んでくださいね。

クレンジング不要!手軽に使えるおすすめの日焼け止めスプレー

最近増えているクレンジング不要の日焼け止め。メイクをしている顔はともかく、ボディや髪の毛に使う時は、石鹸やシャンプーで落としやすいものがいいですよね。

ここで紹介する日焼け止めスプレーは、クレンジング不要なだけでなく、乾きやすさやウォータープルーフというようにそれぞれに特徴があります。

日焼け止めスプレーを選ぶ際の参考にしてくださいね。

コーセー コスメポート サンカット日焼け止めスプレー

  • SPF50+PA++++
  • 紫外線吸収剤使用

売上が6年連続トップという、リピーターも多い人気の日焼け止めスプレーは、逆さまでも使えるので、塗りにくい背中もしっかりケアができます。
速乾性なのでUVケアの時短もでき、ムラになりにくいので普段使いにおすすめですよ。

リベルタ ライオス サンスクリーンスプレー

  • SPF50+PA++++
  • 紫外線吸収剤使用

日焼けでヒリヒリするのや、将来シミやシワになるのは嫌だけど、肌にやさしい日焼け止めスプレーが使いたいという人におすすめなのが「リベルタ ライオス サンスクリーンスプレー」です。
紫外線吸収剤をシルクカプセルでコーティングし、肌への負担を軽減、子どもにも使える処方にしています。
スーパーヒアルロン酸、ローヤルゼリー、アミノ酸保湿剤といった美容液成分も配合しているのでスキンケア効果もありますよ。

ロート スキンアクア ウォータースキンマジックUV

  • SPF50+PA++++
  • 紫外線吸収剤使用

日焼け止めスプレーは、海やプールに行った際に重ね付けするのにも便利です。
「ロートスキンアクアウォータースキンマジックUV」は濡れた肌にも直接付けられる、スーパーウォータープルーフ処方なので、汗や水ははじいて、肌にスッと馴染みます。
オイルタイプ特有のベタつきやぬめりも少なく、サラッとした付け心地なので夏のレジャーにおすすめです。

日焼け止めスプレーを使う時の注意点

便利な日焼け止めスプレーですが、使う時はいくつか気を付けてほしいことがあります。
日焼け止めとしての効果を感じるためにも、知ってほしい注意点を挙げていきます。

こまめにスプレーをする

ウォータープルーフで皮脂や汗に強い日焼け止めスプレーも、時間が経てば日焼け止めとしての効果薄れてきます。
紫外線は窓ガラスを通りぬけて皮膚の内部に浸透するので、天気の悪い日や室内にいる時もこまめに塗り直した方がよいのです。
オフィスでは休憩中のメイク直しの際や、退社前にシュッとひと吹きしてUVケアをこころがけましょう。

手を使って馴染ませる

日焼け止めスプレーは、白浮きがしやすい、塗った部分がムラになりやすいといわれます。
白浮きやムラを避けるには、スプレーを付けた後に手を使って馴染ませた方が、肌に密着しやすくきれいに塗れます。
顔や手といった、他の人の視線が気になる部分は、スプレーをまんべんなくつけるだけでなく、手でもしっかり伸ばすようにしましょう。

スプレー缶の処分にも気を付けて

日焼け止めスプレーの多くは、缶に入っているので処分に困りますよね。
缶に入っている日焼け止めスプレーを使う際は、完全に使い切ることも大事ですが、缶に穴を空けてから処分しましょう。
最後まで安全に使うようにしてくださいね。

日焼け止めスプレーを使って上手にUVケアをしよう!

美白ブームの影響もあり、季節を問わずUVケアをするのが当たり前になりましたが、紫外線が気になるのは、日射しが強い夏でしょう。

お出かけ前は乳液タイプやジェルタイプ、外出先では日焼け止めスプレーというように、日焼け止めも使い分けるとUVケアがしやすくなりますね。

シミやシワといった、肌の老化が気になる人も目的あった日焼け止めスプレーを使えば、アンチエイジング効果も期待できるはずです。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!