チチガってどんな臭いなの?胸周辺のワキガ、原因と対処法

脇から強く独特な臭いがするワキガについては、皆さんご存知のことと思います。そのワキガと同じ原因で胸周辺から臭いがすることを、チチガと言います。

胸は女性にとって様々な悩みになりやすい場所です。大きさや形などについての悩みも多く聞かれますが、それと共に臭いがすることも大きな悩みになってしまいやすいのです。

ですが、チチガの原因を知れば、対策法もわかってきます。

そこで今回は、チチガの原因と対策法について詳しくまとめてご紹介します。

乳輪ワキガとも呼ばれるチチガ!原因は汗腺と細菌です

チチガは、乳輪ワキガ・乳頭ワキガ・乳首ワキガなどとも呼ばれることがあるのですが、臭いが出る原因はワキガと同じです。

では、チチガとはどのようなものか、なぜ臭いが出るのか、理由を詳しく確認しましょう。

チチガとは胸の周辺でワキガ臭がすること!

チチガとは
乳輪や乳首周辺からワキガ臭がすること

ただ体臭があるだけでは、チチガとは言いません。

チチガの臭いであるワキガ臭には、以下のような特徴があります。

  • 臭いが強い
  • 鼻を刺激する臭い
  • 腐敗臭がすることも

一般的な汗の臭いであれば、そこまで臭いは強くありませんし、また鼻を刺激するような感じはせず、もわっとした感じの臭いがします。

それに対してワキガ臭は、強く鼻を刺激するような臭いがするのが特徴です。

アポクリン腺から出る汗が細菌に分解されるとワキガ臭が出ます

では、なぜチチガは独特な臭いが出るのかというと、それには人の体に2種類ある汗腺のうち、アポクリン汗腺と呼ばれる汗腺から出る汗が関係しています。2種類の汗腺から出る汗には、以下のような特徴があります。

アポクリン汗腺の汗 エクリン汗腺の汗
タンパク質・脂質・アンモニアなどが含まれる
乳白色
細菌に分解されると強い臭いが出る
99%以上水分で1%程度塩分が含まれる
無色透明

アポクリン汗腺から出る汗にはタンパク質や脂質がたくさん含まれているので、細菌にとっての栄養がたくさんあることから、それらの栄養分を細菌が餌として分解した時に強い臭いが出ます。これが、ワキガ臭の原因です。

ここで言う細菌とは、人の肌に住んでいる常在菌のことを指しています。常在菌なので特別な菌ではないのですが、五味クリニックによると、ワキガの人にはコリネバクテリム属というグループの中のジフテロイド菌と呼ばれる菌が多く住んでいることがわかっています。

エクリン汗腺から出る汗はほとんどが水分なので、細菌が分解する栄養素がごくわずかなので、臭いが弱いというわけです。ですが、エクリン汗腺から出る汗は、汗臭さの原因になります。汗臭さとは、汗そのものが分解されて出る臭いではなく、汗と共に流れ落ちる皮脂や角質を細菌が分解した時に出る臭いです。

チチガの臭いの原因は、アポクリン汗腺から出る汗と皮膚に住んでいる常在菌なんですね。

チチガになるかどうかにはアポクリン汗腺の数や活動量が関係します

アポクリン汗腺は、基本的には誰にでも存在するものです。それなのに、チチガになる人とそうでない人がいるのは、アポクリン汗腺の性質が人それぞれ違うからです。

美容皮膚科新宿マリアクリニックによると、以下のような人をワキガ体質と呼ぶことが説明されています。

  • アポクリン汗腺の数が多い
  • アポクリン汗腺の活動が活発で汗の量が多い

アポクリン汗腺の性質は、親から引き継ぐことが多い、つまり遺伝する確率が高いことがわかっています。

チチガは女性に多い!?チチガの特徴をチェック

男女問わずワキガやチチガになる可能性がありますが、実はチチガは女性の方がなりやすいという特徴があると言います。

美容整形・美容外科船橋中央クリニックによると、チチガには以下のような特徴があるとのことです。

  • チチガは男性よりも女性に多い
  • チチガの人はワキガである可能性が高い
  • 性的な興奮を覚えると臭いがきつくなる

チチガの人がワキガである可能性が高いのは、身体の中でアポクリン汗腺が存在する場所が決まっていて、なおかつ体のどの部分でもアポクリン汗腺の性質は似ているからです。

アポクリン汗腺は、以下の場所に存在しています。

  • 脇の下
  • 乳輪や乳首の周り
  • 耳の中
  • 陰部

ちなみに、アポクリン汗腺の出口は毛穴にあるので、毛が無い場所では臭いがすることはありません。

チチガは体質なので病気とは言えないのですが、性的な興奮を覚えると臭いがきつくなる特徴があることから、女性の場合は特にパートナーとの触れ合いの時間が苦痛、上手く行かなくなったなどの深い悩みに繋がりやすいのは事実です。

そのため、現在ではいくつかの方法で専門的な治療を受けることができるようにもなっています。チチガの具体的な対策法や治療法については、この後詳しく確認していきましょう。

まず試したい!自宅でできるチチガの対策法

チチガの臭いがそれほどきつくない場合は、自宅での対策で臭いが軽減できることがあります。

では、具体的な方法をチェックしましょう。

これは気をつけたい!チチガの臭いを強くする生活習慣を避けよう

美容皮膚科新宿マリアクリニックによると、以下のような生活習慣はワキガ臭を強くするとのことです。

  • 動物性たんぱく質や脂質を摂り過ぎる
  • ストレスや疲れをためる
  • 飲酒や喫煙
  • 肥満
  • 汗をあまりかかない生活をする

上から3つは、アポクリン腺を刺激して活性化させてしまう生活習慣であるため、ワキガ臭が強くなります。そのため、バランスの良い食事を心がける、適度に休息を取るなどしながら、お酒やたばこはできるだけ控えるようにしましょう。

肥満になると、脂肪が多いことによって熱が上手く放出されなくなるので、汗によって熱を放出しようとします。その結果、汗の量が増えて細菌がより繁殖しやすくなるため、臭いが強くなるのです。

あまり運動をしない、いつも涼しい場所に居るなど、汗をあまりかかない生活をしていると、汗をかくような状況になった時に体内にたまった老廃物が汗と共に外に出ることから、細菌が繁殖しやすくなってしまいます。

適度な運動や、お風呂で湯船につかって汗をかく習慣をつけるなどの工夫で、普段から汗を適度にかくようにしたいものです。

チチガもワキガ臭がすることに変わりは無いので、これらの生活習慣によって臭いがより強くなってしまいますので、気をつけたいところですね。

汗を拭き取り細菌の繁殖を防ぐ方法を試そう

先ほど確認したように、ワキガ臭はアポクリン汗腺からの汗と細菌によるものです。

そのため、汗をかきにくくしたり細菌の繁殖を抑えたりすることができれば、臭いの軽減に繋がります。

そこで、以下のような方法を試してみましょう。

  • 通気性がいい衣類やブラジャーを選ぶ
  • 汗をかいたら着替える
  • 汗ふきシートや濡れタオルで胸周辺を拭く

汗が衣服についたままにならないようにする、衣服が濡れて細菌が繁殖しやすい状態にならないようにする、といった対策が有効だということですね。

殺菌力のある石鹸やボディソープを使用する方法も!

チチガの臭いの原因となる汗や細菌を、お風呂で綺麗に落とすことで臭い対策をする方法もあります。

殺菌成分や消臭成分が配合された石鹸やボディソープを選ぶと、細菌の繁殖を抑えることができますので、ワキガ臭の臭いを軽減することが可能です。

殺菌成分としては、イソプロピルメチルフェノールが有名です。消臭成分としては、ミョウバンや柿渋エキス(または柿タンニン)、緑茶エキスなどがよく知られています。

ワキガ対策専用のクリームの使用でチチガの臭いを抑える方法もお勧め

ワキガ臭の強さによっては、一般的な対策では臭いを抑えることが難しい場合も有ります。

そのような時には、ワキガ臭対策専用のクリームを使用することで、チチガの臭いを抑える方法もあります。

クリアネオという商品を例に、ワキガ臭対策専用のクリームの特徴を見ていきましょう。

クリアネオには、以下のような成分が含まれています。

成分名 効果
イソプロピルメチルフェノール
(o-シメン-5-オールと表記されることも)
抗菌効果・殺菌効果・抗酸化作用を持つ
パラフェノールスルホン酸亜鉛 制汗効果を持つ
チャ葉エキスなど5種類の天然成分 抗菌効果を持つ
柿タンニン 殺菌効果・抑臭効果を持つ

クリアネオが99,999%もの殺菌効果を持っていることと、制汗効果もあることとで、ワキガの臭いを抑えてくれることから、チチガにも効果が期待できます。

女性としては、特に胸周りのことなので、肌荒れが無いか心配になるかたもいらっしゃるかもしれません。ですが、このクリームはデリケートゾーンにも使用できるほど、低刺激です。さらに、ヒアルロン酸など4種類の保湿成分が含まれている点も、女性としては嬉しいところです。

実際にデリケートゾーンに利用した人からは、パートナーとの触れ合いにも抵抗感が無くなった、臭いが気にならなくなり自信が持てたなどの感想が聞かれます。アレルギーテストも行われていますし、無添加で無香料の商品でもありますので、安心感がありますね。

クリアネオからは、女性用のボディソープ(プレミアムボディソープクリアネオパール)も販売されていますので、合わせて使用することも可能です。保湿成分が多く含まれていることも、女性にとっては魅力です。

症状が重い場合は病院での治療も可能!治療法をまとめてご紹介

自宅での対策を試して効果が出ることもあるのですが、症状が重くワキガ臭が強い場合は、自宅での対策では限界があることもあります。

そのような時には、病院で治療を受ける方法も選べます。

では、どの診療科で治療ができるのか、どのような治療法があるのか、詳しく見て行きましょう。

チチガの治療が可能な診療科

チチガの治療を受けたい場合は、以下のような診療科を選びましょう。

  • 美容皮膚科
  • 美容整形外科
  • 美容外科
  • 形成外科

では、具体的な治療法についてご紹介していきます。

注射によって汗を抑える!ボトックス注射

ボトックス注射とは、ボトックスという名称の薬剤を乳輪周辺に注射することで、汗を抑えることによって臭いが出にくくなるという治療法で、以下のような特徴があります。

  • すぐに効果が出る
  • 効果は永久的ではなく繰り返しの治療が必要
  • 効果は6か月程度続く

ボトックス注射の料金は、美容整形・美容外科船橋中央クリニックの場合を例に挙げると、両方の乳輪周辺に注射をした場合で8万円です。これは目安ですので、治療を受けるクリニックによって費用が違います。

効果が続くのは長くても6か月程度なので、効果が出るのは早くても繰り返しの治療が必要であることは知っておきましょう。

切らずにできるチチガ治療!高周波を利用したビューホット

切ることなくチチガの治療が行える方法のひとつに、ビューホットがあります。美容整形・美容外科船橋中央クリニックによると、治療を受けた人の95.9%の人に改善があったと言いますので、効果が期待できそうですね。

ビューホットは、細かい針を通して汗腺に高周波を当てることで汗腺を破壊する治療法です。チチガの原因となるアポクリン汗腺を破壊しますので、臭いが出なくなるわけですね。

高周波と言えば火傷をしそうなイメージがあり、胸の周りとなると女性としては見た目も気になるところですが、特許技術の冷却装置で肌を冷やしながら治療するため、火傷が起こりにくいように工夫もされています。

ビューホットには、以下のような特徴があります。

  • 1回で治療が可能
  • 効果は半永久的
  • 患部の固定や通院も不要

いくつかのクリニックを調べてみたところ、ビューホットによるチチガの治療費用は20万円から25万円程度が目安です。治療範囲が狭い分、ワキガよりは治療費用が低いと言えます。

超音波を利用するウルセラドライも切らずにできるチチガ治療法です

ウルセラドライは、高密度の超音波を利用してアポクリン汗腺を破壊する治療法で、切らないチチガの治療法です。治療後に軽度の熱傷が見られることはありますが、とても高い効果が期待できます。

この治療法は、美容外科形成外科川崎中央クリニックによって商標登録されています。

ウルセラドライには、以下のような特徴があります。

  • 1回で治療が可能なことが多い(2回以上になることも)
  • 効果は半永久的
  • 治療後日常生活が送れるが激しい運動は避けた方が良い

美容外科形成外科川崎中央クリニックでのチチガの治療費用は、15万円です。

ビューホットとウルセラドライの特徴を併せ持つペアドライ

美容外科形成外科川崎中央クリニックでは、ビューホットとウルセラドライの特徴を併せ持つペアドライという治療法による治療を受けることもできます。

これは、高い効果を持つビューホットで取り残してしまったアポクリン汗腺を、ウルセラドライで破壊することでさらに効果を高める治療法で、以下のような特徴があります。

  • 1回で治療が可能
  • 効果は半永久的
  • 治療後日常生活が送れて皮膚も赤みが出る程度

美容外科形成外科川崎中央クリニックでのチチガの治療費用は、18万円です。

超音波メスを使用した手術によるチチガの治療法、ソノペット法

ここまでは切らない治療法をご紹介してきましたが、チチガは手術で治すこともできます。超音波メスを使用するソノペット法では、超音波メスを使用してアポクリン汗腺を粉砕し、吸引する方法で手術を行います。

ソノペット法には、以下のような特徴があります。

  • 1回で治療が可能
  • 効果は半永久的
  • 4回程度の通院が必要

手術なので、術後に縫合やタイオーバーと呼ばれる固定が必要ですし、また傷跡も薄くではありますが残ります。女性の方からすれば、胸周りの傷跡は気になるところですよね。それでもいいかどうかを考えた上で、治療法を選択する必要があります。

治療費用の目安は、25万円程度です。

病院によってチチガの治療法は様々!希望する方法がある所を選ぼう

ここまで様々なチチガの治療法をご紹介してきましたが、かかる病院によって提供している治療法が違います。

そのため、この方法で治療が受けたいという希望がある場合は、その治療法による治療を行っている病院を選んで受診するようにしましょう。

チチガの原因となる汗腺と細菌の活動を抑えて臭いを軽くしよう!

チチガの原因はワキガと同じで、アポクリン汗腺から出る汗が肌に住んでいる常在菌によって分解される時に臭いが出ることが原因です。

人によってアポクリン汗腺の量や活動量が違うため、アポクリン汗腺が多い人や活発に活動している人は臭いが強くなり、チチガやワキガになるのです。

対策法としては、汗の量を抑える・かいた汗を放置しない・細菌が繁殖しやすい状況を作らないというものになります。また、アポクリン汗腺を活発に働かせるような生活習慣も避けたいところです。

とはいえ、症状の強さによっては自宅での対策に限界があることもあります。そのような場合には、医療機関で治療を受ける方法も選択肢の一つとして考えてみましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!