食べても太りにくい時間帯とは?BMAL1を理解して効率的にダイエット


食べても太らない、体質的に太りづらい人がいますが羨ましい限りですね。普通は食べたら太るのが当然で、だからこそ毎日食べるのを我慢したり運動して太らない様な努力が必要となります。

でも、もしも食べても太りにくい時間帯があるとしたらどうでしょう。その時間に食べたい物を食べれば良いので、ストレス無くダイエットを続けられるのでは無いでしょうか。

ダイエットは数日で効果が出るものでは無く、長く続ける事が成功へのカギとなります。

そこで、BMAL1を理解して太りにくい時間帯や太りやすい時間を把握し、効率よくダイエットできるようにしましょう。太りにくい時間に食べて太りやすい時間には食べない、これだけでダイエット効果が期待できます。

太りにくい時間帯とBMAL1の関係

BMAL1(ビーマルワン)は、私たちの体の中で活動リズムが常に規則正しくなるように働きかけるタンパク質の一種です。BMAL1の量は毎日一定の増減を繰り返しながら、体の中でその効果を発揮しています。

BMAL1の増えている時や減っている時が、食事をしても太りにくい時間と太りやすい時間に大きく関係しているのです。

BMAL1の特徴

BMAL1は体内時計を規則正しくしてくれるタンパク質の一種です。BMAL1の活動は深夜に掛けてピークになり、その後、昼間に掛けて減少していきます。このパターンを毎日繰り返しているのです。

BMAL1の量は一定では無く、活動量が増えるとBMAL1も同じように増えていくという特徴があります。そして、昼間に掛けて活動量が減少していくにつれ、BMAL1の量も減少していくのです。

BMAL1の仕事は体内時計を規則正しくする事ですが、実はその働きにより太りやすくなる事も分かっています。BMAL1が活発に働いている時間こそ脂肪が付きやすく太りやすい時間であり、BMAL1の働きが少ない時間は食べても太りにくい時間なのです。

BMAL1の多い太りやすい時間

BMAL1の活動が活発になっている時はBMAL1の量も多くなり、食事で摂った栄養が脂肪に変わりやすくなります。それは何時なのかと言えば、夜中の2時にピークが訪れるのです。

夜中の2時がピークではありますが、その時間に近づくにつれてBMAL1の量が増えていきます。よく、夜遅くの食事は太りやすいと言われていますがこれで納得できますね。

飲み会などの帰りに締めパフェを食べてしまったり、ラーメンなどを食べてしまうと体重の増加がてきめんです。BMAL1からも分かるように、夜、遅くなればなるほど太りやすい時間に突入していくので、絶対にダイエット中の夜食はNGとなります。

BMAL1の少ない太りにくい時間帯

BMAL1の活動が少ない時間はBMAL1の量も減少するため、食事をしても脂肪になりづらい太りにくい時間です。では、ダイエット中でも安心して食べる事ができる時間は一体何時なのでしょうか?

それは14時から15時の間です。この時間にBMAL1の量は最小値になり、そこから夜にかけてまたどんどん増えていきます。

14時から15時と言えばおやつの時間にしては少し早めで、ランチの時間には遅すぎる時間とも言えますね。ここに食事の時間を合わせるというのも結構至難の業と思えるかもしれません。太りにくい時間に食べてダイエットを成功させるには、工夫が必要なのです。

太りにくい時間に食べてダイエットを成功させる

太りにくい時間は14時から15時くらいです。では、BMAL1の減っているその時間に食事をして、あとは何も食べない1日1食ダイエットをすれば痩せられるという事になります。

でも、その時間に毎日食事をする事も、1日1食を続けていくのもかなり無理があるとは思いませんか?そこで、太りにくい時間を上手く使ってダイエットする方法を詳しくご紹介しましょう

太りにくい時間におやつを食べる

ダイエットと言えば食事制限で、カロリーを気にしながら食事しなくてはなりません。一日の必要摂取カロリーが成人女性の場合、体重50kgで普通の活動レベルであれば1500kcalから1750kcalです。

これに満たないカロリーで食生活を維持できれば、確実にダイエットする事ができるという事になります。例えば、一日1300kcalに抑えると朝は300kcal、昼と夜で500kcalずつの食事です。

500kcalという数字を見ると、とても物足りない感じがしますね。でも、ダイエッターに人気のタニタ食堂のレシピも、やはり500kcalを目安に作られているので実践すると効果がかなり期待できるカロリー量です。

そこで、太りにくい時間に満足感の得られるおやつを食べる事をおすすめします。200kcal程度のおやつを太りにくい時間である14時から15時の間に食べる事で、夕飯のまでお空腹も抑えられ、ダイエットのストレス軽減にもなるでしょう。

200kcal以内でおやつを食べるとすると、意外と満足感の得られる量を食べる事ができます。ダイエット中はおやつは厳禁と言われますが、太りにくい時間に食べる事でダイエットを効果的にすることができるのです。

昼食を早めに済ませるか遅くするか

14時から15時の太りにくい時間帯におやつを食べるとなると、遅い昼食よりも早めに昼食を済ませていた方が小腹も空いてちょうど良い感じですよね。ダイエット中は朝のカロリーをグッと抑えなければならないので、お腹が空くのも早くなりがちです。

そこで、もしもお昼を早めに済ます事ができるのであれば11時頃に昼食を済ませてしまうのもおすすめです。

また、昼食のタイミングが遅くなってしまう場合は、13時に食べるよりは14時から15時の太りにくい時間に食べる方がダイエットには効率的です。

太りにくい時間に食べれば「太らない」という訳ではありませんが、脂肪になりづらいのは確かなのでできるだけその時間に食事するようにしましょう。

夕飯はできるだけ早めに

太りにくい時間帯であるBMAL1の少ないピークは14時から15時ですが、そこからまた徐々に増えていくという特徴も忘れてはいけません。

BMAL1の働きが最も活発になる夜中の2時は一日の中で最も太りやすい時間となるわけですが、その時間に近ければ近いほど太りやすくなるとも言えます。

ダイエット中は、できるだけ太りにくくするために夜遅くの食事を避けたいところです。夕飯の時間は、できるだけ早くするというのがダイエット中のポイントとなります。

どうしても夕飯が遅くなってしまう場合は、早めの時間に炭水化物などの太りやすい食事を軽く済ませておき、夕飯時にはカロリーを徹底的に抑えた消化の良いものを食べるなどして工夫しましょう。

夜になればなるほど太りやすくなってしまうので、可能な限り夕飯を早めに摂るように心掛けてくださいね。

太りにくい時間帯を活用する工夫が必要

昼ご飯は太りづらいけれども、夕飯は太りやすいという話は耳にしたことがあると思います。

夕飯後は昼間にくらべて運動量が少なくなるのでカロリー消費ができないけれども、昼間はまだ運動量が多いので食べた分のカロリーが消費できるからと言われていますが、BMAL1にも秘密がありました。

太りにくい時間は昼食時というよりは間食に近い時間にピークを迎えるので、その時間に食事時間を合わせる工夫が必要になります。でも、仕事や育児をしていると、なかなかその時間に合わせて食事時間をずらすのも難しいかもしれません。

どうしても無理という人は、太りにくい時間にダイエット中はNGと言われている間食をしてみてください。その方法ならば、昼食や夕飯のカロリーを減らしても、ストレス軽減させる事ができます。

せっかく私たちの体のリズムとして太りにくい時間があるのですから、それをダイエットに活用しないのは勿体ないですよね。一人一人生活のリズムは違いますが、少しの工夫で太りにくい時間を使ってダイエットができるはずなので、是非チャレンジしてみてください。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!