シミを消す方法。自宅でできるケアと病院でできる治療方法

朝、鏡をのぞいたときにしみが気になることはありませんか?

しみは放っておいてもなくなるものではありませんし、きちんと対策をしないとどんどん増えていってしまうもの。でも、しみにはさまざまな種類があることを知っているでしょうか?

しみを消すためには、自分のしみがどんなものなのか知ることからはじめましょう。

しみの種類を知ろう

実は「しみ」と呼ばれるものにはいくつか種類がある、ということを知っているでしょうか。自分の肌にできているしみがどんなものなのか知らない人も多いのでは。まずはしみの種類から知っていきましょう。

日光黒子

一般的にしみと呼ばれるものの多くがこれ。およそ30代を過ぎたあたりから気になり始めますが、色白の人や早い人では20代から目立ち始めることも十分あります。

主な原因は紫外線を浴びることでメラニンが過剰に作られること。顔にできて悩む人が多いしみですが、手や背中、腕など露出している部分にもできます。

「日光性黒子」や「老人性色素斑」とも呼ばれています。

そばかす

頬や鼻の周りに多く出る、直径数ミリ以下の茶褐色の小さな斑点をそばかすと呼びます。遺伝性によりできることが多く、3歳ごろから見られるものですが、思春期に特に目立つようになってきます。
雀卵斑(じゃくらんはん)とも呼ばれます。

炎症後色素沈着

肌の炎症が治った後にできてしまう褐色のしみのこと。火傷や化粧品かぶれ、ニキビなどが原因となってできることが多いようです。

炎症が原因になるためさまざまな部位にできますが、時間とともに徐々に薄くなっていくケースがほとんどです。

肝斑(かんぱん)

女性ホルモンの影響で発症すると言われているしみのため、女性の顔に多く生じるものものです。特徴は頬骨に沿う形で左右対称にできること。薄い褐色で大きめのものができることが多いです。

高齢者ではほとんど見られません。

皮膚科・美容皮膚科でしみ改善

しみを自分で改善するのは難しいもの。確実に効果を得たいなら、皮膚科や美容皮膚科で相談するのが最も良い方法。また、しみは種類によって適切な治療方法も異なるため、自分のしみの種類を知るためにも医療機関に相談してみましょう。

レーザー治療

レーザーをしみに照射して、メラニン色素の細胞のみを破壊していく治療法。しみの大きさや深さにより光の強さや照射する時間を調整しながら当てていくものですが、痛みは指で弾いたように感じる程度なので、激しい痛みを感じることはないでしょう。

照射後は、一時的に赤みや色素沈着が生じたりすることもありますが、時間が経てば改善していきます。

以前は、肝斑にレーザーを当てると悪化すると言われていましたが、近年は肝斑を改善できるレーザー治療法も生み出されています。

光治療

レーザー治療とは異なり、「IPL」と呼ばれる光を顔全体に照射してしみを改善していく方法です。

光を照射して皮膚の表面から温熱作用を加え、皮膚組織や体内組織の活性と血液・リンパの循環を促進することでコラーゲンを作り出す線維芽細胞の働きが活性化するので、しみ以外の肌悩みにも有効な治療法です。

表皮のターンオーバーを整えて肌の再生能力を高めてしみを改善へ導く効果がある上に、への負担が少ないため、初めて治療を受ける人にもオススメの治療法と言えます。

ピーリング

代謝がうまくいかずに肌に沈着してしまった古い角質や汚れを除去し、肌細胞を活性化させることでしみを改善していく治療法。

ピーリングには「ケミカルピーリング」と「レーザーピーリング」の2種類があります。
ケミカルピーリングは、ジェルなどのピーリング剤を使用して角質を取り除いていくもの。レーザーピーリングはレーザーの熱を利用して角質を取り除いていきます。アプローチ方法は異なりますが、どちらも角質を取り除いて新陳代謝を活性化させていくと言う目的は同じです。

「ピーリング」と聞くと肌への刺激が心配な人もいるかもしれませんが、そのような場合は診察を受けた際に相談してみると良いでしょう。

外用塗布薬

しみができている部分に、病院で処方される薬を直接塗ることでしみを徐々に薄くしていくもので、ほかの治療方法と併用されることが多いです。

例えば漂白効果を持つハイドロキノンや、肌のターンオーバーを促進してメラニン色素を排出するトレチノインなどが用いられます。

内服薬

体の内側からしみを改善していく方法です。外用塗布薬と同じように、ほかの治療法と併用することが多いです。

例えばメラニン色素を抑制するトランサミンやメラニン色素が皮膚に沈着するのを防ぐビタミンC誘導体などが用いられます。また、ビタミンCとともにL-システインを使用することもあります。

しみを予防する方法とは

これまでしみを消すための方法をご紹介してきましたが、せっかく消えたしみを復活させないためにも、予防方法を知っておきましょう。

とにかく、紫外線への対策を行う!

外出する際にはきちんと日焼け止めを塗ることや、帽子などで紫外線から肌を守ることがとにかく重要です。
季節によって差はあるものの、紫外線は一年中降り注いでいますので、しみに悩む人やしみを防ぎたい人は常に紫外線への対策を忘れないようにしましょう。

正しいスキンケアを行うこと

また、日ごろから保湿を心がけること。これは、乾燥した肌はバリア機能が衰えてしまうため、紫外線の影響を受けやすくなってしまうため。紫外線から肌を守るためにも肌が乾燥しないようにお手入れを怠らないようにしましょう。
特に洗顔後はすぐに保湿するようにしてくださいね。

ビタミンC、ビタミンEを意識的に摂ること

肌に良い栄養素を摂るのも大切なことです。
例えばしみの元となってしまうメラニン色素の生成を抑えるビタミンC。いちごやキウイフルーツ、ブロッコリーなどに多く含まれています。

もうひとつ、抗酸化作用や血行促進に効果のあるビタミンEも積極的に摂取したい栄養素と言えます。ナッツやサケ、アボガドなどにたくさん含まれています。

ストレスをなくして十分な睡眠をとる

ストレスはお肌にも非常に悪い影響を与えることもあります。ストレスを過剰に受けると、活性酸素が増えてしまい、メラニンを過剰に作ってしまうのでしみの原因になると考えられています。

加えて、ストレスを受けることによってホルモンバランスが崩れてしまうこともありますが、これが肝斑の原因になることも。大きなストレスは肌に良くないので、ストレスの解消を心がけることが美肌にもつながります。疲れを感じたら積極的に休養をとりましょう。

また、新陳代謝を正常に行わせるためにも睡眠をきちんと取りましょう。成長ホルモンが分泌されるのは睡眠中なので、夜更かしはしないように。

皮膚科や美容皮膚科での治療を

しみの種類と治療法について紹介してきました。まずは自分のしみの種類を知ることがしみ治療の一歩なので、わからない人は皮膚科や美容皮膚科に足を運んでみてくださいね。そして治療も大切ですが、しみ予防をきちんと行うことも大切。自分のしみ対策が不十分だなと感じたら、今日から即はじめてみましょう!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!