髪を触る癖はどうして?その原因と影響を知っておこう


いつの間にか髪を触っている…そんな人はとても多いです。単に髪の毛を触っているだけと思っていても、実はさまざまな弊害があるんです。

この記事を読めば、明日から髪を触る回数を減らさなきゃと思えるはず。

なかなか直すのは難しい癖と言えますが、健康な髪の毛を育てるためにもチャレンジしてみませんか?

気づいたら髪を触っていませんか?

ふとした時に髪の毛を触ってしまう人はたくさんいるでしょう。でも髪を触る理由はさまざま。大きく分けて下記の2つのうちどちらかに当てはまることが多いと考えられます。

心理的なストレスから髪を触っているケース

髪の毛を頻繁に触ってしまう理由の一つに、心理的なストレスが溜まっているケースがあると言われています。

触るだけではなく、抜いてしまったり引きちぎったりこともありますが、この行為によって一時的にストレスを解消しようとしているのだそう。髪の毛を抜いたりちぎることが気持ちいいと感じるようになってしまうこともあります。

イライラしたとき、落ち込んだときなどに自然に髪が手に行く人は、ストレスが溜まっているのかもしれないと自覚をすることが必要です。

単純に髪を触るのが癖になっているケース

特にストレスは感じていないけれど、手持ち無沙汰な時や暇な時に髪をいじる癖がある人も多いようです。特に女性で髪の毛が長い人の場合は、何と無く枝毛はないかな…と探していたりしませんか?

こんなときに枝毛を発見してしまうと、ハサミなどを持っていないので引きちぎったりする人もいるようです。これは非常に髪の毛には良くありませんよね。枝毛を解消したつもりで、新たな枝毛を作ってしまいます。

髪を触ると起きるデメリットを知っておこう

1日に何度も髪を触ることにより、たくさんのデメリットがあります。心当たりはありませんか?

触ることで、髪の油分を奪ってしまう

いつもきちんとトリートメントをしているのに髪が痛んでいる人もいるでしょう。髪を触ると、髪の毛の油分が手に奪われてしまうために髪の毛がパサパサに。結果として、毎日のトリートメントも無駄になってしまいます。

髪の毛の健康を保つのに、油分は大切な要素。それを奪ってしまうと、髪の毛がどんどん痛んでいきます。

触ることで摩擦が起きる

髪の毛を触ると、多少なりとも摩擦が起きて髪の毛の表面が傷ついてしまいます。髪を触る癖がある人は、同じ部分を触っていることが多いために、ある部分の髪だけが痛んでいることも多いようです。

そうすると、1部分だけ痛んだ髪の毛になってしまってさらに気になる、といった悪循環に陥ってしまいます。特に髪が長い人の場合は、髪を触るだけではなく、指に髪を巻きつけることを繰り返す人もいますよね。
すると、摩擦が起きやすくなるためにキューティクルが痛んでしまいます。

毛根が弱ってしまう

髪の毛を引っ張ったときには言うまでもありませんが、髪を触るだけでも毛根に負担がかかってしまい、弱ってしまうことがあります。
毛根は丈夫で健康な髪を保つためにとても大切な部分。毛根が引っ張られると、頭皮にも負担がかかって毛根の周りにある毛細血管にも影響が出て、髪の毛にしっかりと栄養が行き渡らなくなります。

毛根が弱れば、すぐに髪の毛が抜けてしまったり、次に生えてくる髪の毛がとても細かったり…と、健康な髪の毛が生えづらくなくなってしまいます。

髪が抜けやすくなる

上で説明した通り、毛根が弱ってしまうことで抜け毛が増えてしまいます。また、髪の毛を抜くつもりがなかったとしても、髪の毛を触ったことが刺激となって抜けてしまうことも。

衛生上よくない

髪の毛を毎日きれいに洗っていても、整髪料がつけて髪をセットしていたりしますよね。髪を触ることで整髪料が手についてしまうのですが、そのままの手でいろいろなところを触るのはあまり清潔だとは言えません。

髪を触るのをやめる方法

ここまで読んでみて、髪は触らないほうがいいなと感じた人がほとんどではないでしょうか。しかし無意識にやっている人が多いため、いきなり髪を触るのを辞めるのは難しいですよね。そんな人のために、いくつか髪を触るのを防ぐ方法を考えてみました。

髪の毛を結ぶ、ヘアアレンジをする

髪をただ下ろしているだけではなく、アレンジをするのも良い方法。せっかくセットしたのだから、崩れないように触るのを控えようという気持ちが働きます
毎日ヘアアレンジをすることでオシャレが楽しくなるでしょうし、髪を触る回数も減りますから、一度試してみると良いでしょう。

帽子をかぶること

帽子をかぶると、髪の毛に簡単に触れることができなくなりますよね。髪の毛にアクセスする方法を物理的に絶ってしまうことが非常に効果的です。

帽子を脱いでまで髪の毛に触ろうとはしないでしょうから、徐々に手が髪の毛を触ろうとする行動自体が減って行くはず。

片手に常に何かを持つ

例えば右手で髪を触る癖がある人は、常に右手に何かを持つように意識するのも効果的。例えば髪の毛を触りそうなタイミングの時には飲み物を手にしておくなど、手を髪の方に持って行くことができないような状況を作っておくのです。

何か手にしておくことで、注意がそちらに向くので、髪の毛を触る回数を減らすことができるようになります。

指先を使う趣味に熱中する

これも注意をそらすのに良い方法。手持ち無沙汰な時に髪を触ってしまう癖がある人には特に効果的でしょう。手芸であったり楽器であったり、自分が熱中できるならなんでも大丈夫。

夢中になれる趣味もできて、一石二鳥かもしれませんね。

髪を触る癖が抜毛症に発展するかも

髪を触っているだけならまだしも、ひどくなると髪を抜き続けてしまう「抜毛症」になってしまうこともあります。髪の毛を抜くことで満足感や快感を得ようとするためにやめられなくなるのですが、継続すると当然のことながら円形脱毛症に。

思春期の頃に発症することが多いと言われていますが、重症の場合は大人になっても治らないことも。ひどくなる前に専門医を受診し、治療を行うことが大切です。

髪を触る回数を減らしましょう。でも、無理は禁物!

髪を触ることは、百害あって一利なし。できることなら髪の毛を触らない方がいいのは明らかではありますが、ストレスが原因の場合、無理にやめようとすると逆にストレスになってしまうことも。ですから、決して無理をせず、徐々に髪を触る回数を少なくしていきましょう。それが健やかな髪の毛を育てることに繋がりますよ。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!