吹き出物の治し方。自分でできる生活週間の改善と、隠すメイク術


大人になってからの吹き出物は、一度できてしまうと治りにくいと言われています。それは、思春期にできるニキビと原因が全く違うからです。

ただ原因に合った正しい治し方をすれば、綺麗な肌を取り戻すことができます。

思春期のニキビと大人になってからできる吹き出物の違い

思春期のニキビは皮脂の分泌が増えることによって起こると言われています。皮脂の分泌が過剰にアップし、その結果毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができてしまいます。そのため、Tゾーンや頬にできやすくなります。

それとは異なり、大人になってからできる吹き出物は口周りや顎などにもできやすくなります。ホルモンバランスの乱れなどによって、肌のターンオーバーが上手くいかないことで吹き出物が発生してしまいます。

なぜホルモンバランスが乱れたのか、その原因を改善しなければ吹き出物は治りません。自分の生活習慣などを見直し、原因となる行動を改めてくださいね。

吹き出物ができやすい生活習慣とは?

吹き出物ができる原因として、身体に負担がかかる様な生活習慣が考えられます。自分の生活で当てはまるものがないかチェックしてくださいね。

  • スキンケアやメイクによる肌の乾燥
  • 過度なストレス
  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足
  • 極端なダイエット
  • 便秘

これらの原因によって、ホルモンバランスや自律神経が乱れ吹き出物の原因になります。

根本対策!吹き出物の治し方

原因がわかれば、それを取り除くことで吹き出物を作らせない身体を作ることができます。今すぐ始めてみませんか?

しっかり睡眠をとる

睡眠不足はストレスの原因になります。出来る限り7時間程度の睡眠時間を確保するようにしてください。寝る前のパソコンやスマホなどは、睡眠の質を下げると言われているため、避けるようにしましょう。

睡眠の質を上げるために、

  • 就寝1時間程度前に入浴する
  • アロマオイルなど落ち着く香りをたく
  • 就寝前にストレッチを行う
  • アイマスクを使用する

などの方法があります。せっかくなら良質な睡眠を心がけましょう。

バランスのいい食生活を心がける

吹き出物だけでなく、美肌を作る上で食生活は大切になってきます。ビタミンや食物繊維を積極的に摂るようにしてくださいね。

食事だけで栄養を摂るのが難しい場合は、サプリで補うのも効果的ですよ。体調に合わせてサプリも選ぶようにしてくださいね。

ストレスを解消する

ストレスはどんな人でもたまります。そのため、過剰に溜め込まないように解消することが大切になります。

適度な運動や趣味の時間を作るなど、自分に合ったストレス解消法を探してくださいね。

顔を触らないようにする

手には雑菌がたくさんいます。その手で肌に触るとその雑菌を顔に移してしまいます。顔を触るクセがある人は、意識して触らないようにしましょう。

また顔に直接触れる寝具やタオルも清潔に保つようにしてくださいね。枕カバーは、基本的には毎日交換するようにし、タオルもこまめに変えてください。

クレンジング剤、シャンプーなどをしっかり洗い流す

クレンジング剤やシャンプーなどが肌に残ってしまうと、刺激になり吹き出物ができる原因になってしまいます。肌に残らないように隅々まで丁寧に時間をかけて洗い流すようにしてください。

紫外線対策

紫外線を浴びてしまうと、炎症が起こりターンオーバーが乱れやすくなります。夏だけでなく、一年中UVケアを怠らないように心掛けましょう。

部位別の原因と治し方

吹き出物がいつも同じ場所にできるという人も多いのではないでしょうか?部位によって吹き出物ができる原因が違うと言われています。ここでは部位別の原因と治し方を紹介しますね。

額にできる吹き出物

*原因

  • 前髪による刺激
  • 洗顔料の洗い残し
  • 紫外線

額は前髪が当たるため、余計な刺激を受けやすい部位の一つです。

*治し方

  • 前髪をアップさせる
  • 整髪剤を低刺激のものに変える
  • 丁寧に洗顔し、よく洗い流す

顎にできる吹き出物

*原因

  • 手で触りすぎる
  • 皮脂の分泌が多い

手には雑菌がたくさんいると言われています。肌に触ることで、手に付いている雑菌を肌に付着させてしまいます。

*治し方

  • 触らないように心がける
  • 睡眠をしっかり取る
  • 適度な運動を行う

鼻にできる吹き出物

*原因

  • 皮脂量が多い
  • 紫外線

皮脂量が元々多い部位のため、毛穴が詰まりやすく吹き出物ができやすい部位のひとつです。

*治し方

  • 低刺激の泡で丁寧に洗顔する
  • UVケアを行う

頬にできる吹き出物

*原因

  • 乾燥
  • 寝具についている雑菌

頬は枕などに直接接する部位のため、寝具に雑菌が繁殖している場合、吹き出物ができやすくなります。

*治し方

  • しっかり保湿を行う
  • 寝具を清潔に保つ

今すぐ吹き出物を隠したい!応急処置のメイク術

急な予定などで、「どうしても今すぐなんとかしたい」そういう時もありますよね。その際は、化粧で隠す方法があります。ただ、やり方を間違えると悪化させることもあるので、注意が必要です。

コンシーラーで隠す

小さくポツンとできた吹き出物には、コンシーラーで隠すやり方がおすすめです。

*コンシーラーを選ぶポイント

  • ニキビ用のコンシーラーを使用する
  • 基本的には、肌に近い色のものを選ぶ
  • 赤みが強いときは、イエローやグリーンを選ぶようにする
  • ニキビに直接触れないように、ブラシなどを使用する
  • 落としやすいものを選ぶ
  • できればカバー力が強いものを選ぶ

ニキビ用のコンシーラーとは、炎症を抑える成分が含まれており、油分も少ないため吹き出物を悪化させにくくなります。

また清潔なブラシを使うことで何度も吹き出物に触れることがないため、手の雑菌を付着することを防ぎます。

メイクで隠す

広範囲で吹き出物ができた場合は、ミネラルファンデーションで隠す方法もあります。ミネラルファンデーションは肌に負担もかけにくいため、吹き出物がある場合はおすすめです。

基本的なやり方は、気になる部位に重ね付けする方法です。

・ピンポイントでカバーする場合

  1. ブラシにミネラルファンデーションを取る
  2. 吹き出物のところにつける
  3. 境目をぼかす

ブラシがない場合は指でも行えますが、丁寧に手を洗ってから触るようにしてくださいね。

・広範囲をカバーする場合

  1. パフやスポンジに少量のミネラルファンデーションをつける
  2. 顔にのせ、手の甲でファンデーションをなじませる
  3. 特に気になる部位に押さえるように塗っていく
  4. 手のひらで全体的にファンデーションを密着させる

吹き出物があるとミネラルファンデーションがムラになりやすいため、丁寧になじませるように心がけてくださいね。

キレイな肌を取り戻し、自分に自信を持ちましょう!

大人になってからできる吹き出物は、思春期のニキビと治し方が違います。そのため、間違ったやり方でケアを行ってしまうと、悪化させることも。

原因にあった正しい治し方でしっかりケアを行って、キレイな肌になりましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!