二枚爪になる原因と対処法とは。もう足の爪トラブルに悩まない!


健康な爪は半透明で爪の下にある血液の状態が見えるため、ややピンク色の状態になっています。トラブルが起きた爪は厚みなどが変わり、一度トラブルが起きると繰り返しやすいと言われています。

爪トラブルの一つである二枚爪とは、爪の先端が剥がれている状態のことです。

二枚爪になる原因

二枚爪になる原因は、乾燥や栄養不足などで起こりやすいと言われています。原因を把握することで、二枚爪になりにくい健康な爪に導きます。

乾燥

爪には10~15%程度の水分を含んでいると言われています。その水分が奪われ乾燥することで、爪がもろくなり二枚爪になると考えられています。

保湿不足が原因と言う事もありますが、多くは除光液や洗剤などの影響で爪は乾燥しやすくなります。

爪切りなどの刺激

合わないサイズの靴での圧迫や爪切りなどの刺激で二枚爪になりやすくなると言われています。

とくに爪切りで大きく爪をカットしてしまうと爪にかかる負担が大きくなります。その結果、爪が傷つき二枚爪になってしまいます。

栄養不足

爪は皮膚と同じタンパク質が主成分です。

そのため極端な食事制限のダイエットや偏食などが原因で良質なタンパク質が体内で不足すると、栄養が爪まで届かずに栄養不足になり二枚爪になってしまいます。

血行不良

足先が冷えている女性は多くいます。冷え性により血行不良が起きると爪に栄養が届きにくくなり、爪がもろくなりやすくなります。

病気

貧血などの影響で二枚爪になることも。繰り返し起こる二枚爪は専門の医療機関で受診することが大切になります。ひどい場合には必ず検査してもらうようにしましょう。

二枚爪のケアのやり方

二枚爪になった場合、そのまま放置していても治ることはありません。反対に悪化することにも繋がるため早めに適切なケアを行いましょう。

爪やすりを使用する

爪に負担がかかる爪切りは使用を控え、爪やすりで爪を整えるようにしてください。

爪切りの裏についているやすりは粗いため爪に対して負担が大きいため、あまりおすすめはできません。

🌑爪やすりの使用方法
1.お湯に3分程度手を浸ける
爪を柔らかくした状態で行うと爪に負担がかかりにくくなります。3分お湯に浸けるのが難しいときは、入浴後行うようにしてください。

2.長さを調整する
爪に対して爪やすりを45度になるように当ててください。直角にあててしまうと爪に対しストレスがかかるため、二枚爪になりやすくなります。

さらに一定方向にやすりを使うように心がけてください。のこぎりのように左右に動かすと爪を傷つける可能性があるので注意してくださいね。

3.形を整える
爪やすりを45度であて、爪の角を取るようにしましょう。丁寧に整えることで爪が欠けることの予防に繋がります。

《どうしても爪切りを使いたい場合》
・切れ味のいい爪切りで切る
切れ味が悪い爪切りは、何度も切る必要があるため余計な負担を増やしてしまいます。できる限り、切れ味が悪くなった爪切りは買い換えるようにしてください。

・端から中央に向かって切るようにする
中央から切ってしまうと、どうしても広い面積になってしまうため、はさみを使うような感覚で、端から少しずつ爪を切るように心がけましょう。

・少しずつ切るようにする
一度に大きく切ってしまうと、爪に余計なストレスがかかり傷つきやすくなります。少しずつ爪をきるようにしましょう。

・爪が柔らかいときに切る
爪を切る前に柔らかくすると、負担がかかりにくくなります。入浴後すぐやぬるま湯につけたあとにお手入れするようにしましょう。

保湿を行う

爪が乾燥すると二枚爪になりやすいため、ネイルオイルや美容液などを使って保湿を行うようにしましょう。

美容液の中には爪を修復してくれる効果があります。二枚爪になったら、修復する効果が期待出来るアイテムを塗るようにしてくださいね。

*爪を補修する有効成分

  • 有機ケイ素:爪を健康にする効果が期待出来ます。
  • 有機硫黄:コラーゲンの生成に欠かせない成分で、爪の主成分であるケラチンを補助する役割があると言われています。
  • ヒドロキシプロピルキトサン:有機ケイ素と有機硫黄を爪の深部まで浸透させ、ダメージを防ぐ効果があると言われています。

などがあると考えられています。保湿効果を得るために植物由来のオイルを配合されているアイテムもおすすめです。また商品によっては足に特化した美容液もあるので、ぜひ探してみてくださいね。

冷え性を改善する

お風呂上がりなど血行が良くなっているときに足の指やふくらはぎのマッサージを行うようにしましょう。

また日常生活の中でもグー・パーなど足の指を動かすように心がけることで血流が改善しやすくなります。

食生活を見直す

極端なダイエットや偏食は栄養不足がおきやすくなります。

・3食しっかり食べる
出来れば彩りのいい一汁三菜を意識して食べる事で栄養バランスが良くなります。

・タンパク質をしっかり摂る
タンパク質を効果的に摂取するためには、ビタミンやミネラルと一緒に摂る事がいいと言われています。さらに睡眠時に爪の修復がされると言われているため、夜多めにタンパク質を摂るように心がけてくださいね。

*健康な爪になるために必要な栄養素

  • タンパク質:爪の主成分
  • ビタミンE:ツヤのある爪をつくる
  • ビタミンB群、カルシウム:丈夫な爪をつくる
  • ビタミンD:カルシウムの吸収を高める
  • 亜鉛:不足すると爪がもろくなりやすい
  • 鉄分:不足すると爪が反り返る

これらの栄養素を意識して摂取するようにしてください。身体の内側から健康な爪をつくっていきましょう。

マニキュアは控えて、ジェルネイルは相談

二枚爪になっている場合、マニキュアは控えるようにしてください。マニキュアを落とすために使用する除光液には爪の油分を必要以上に奪ってしまうため、爪に負担がかかりやすいと言われています。

二枚爪になっている場合、除光液を使用してしまうため控える事が望ましいと考えられています。

ジェルネイルは爪を補強する効果もあるため、ネイリストと相談し行うようにしてください。

二枚爪になったら注意してもらいたいこと

二枚爪になったら無理矢理剥がしてしまう人がいます。この行為は爪に負担をかけてしまうため避けるようにしてください。無理に剥がすことで、健康な爪まで傷つけることがあり、ダメージのある皮膚から細菌感染することもあるため注意してください。

痛みが強い時の対処法

医療用の薄いテープなどで固定し、爪に負担をかけないようにしましょう。また保湿をしっかり行うことも大切です。爪専用のオイルなどでしっかりケアするようにしてください。

素足になりたくなる健康な爪へ

足の二枚爪は様々な原因で起こりやすくなります。爪切りのやり方や保湿など日常生活の習慣によって予防することが期待できます。

しっかりケアを行うことで健康な爪に導きやすくなります。健康な爪をつくるためにも、日々の生活を見直してみてはいかがですか?

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!