足の二枚爪を早く治す方法。簡単ケアで足元美人に!


「最近なんだか足の爪が痛い」や「足の爪が割れやすくなってきた」と感じることはありませんか?足のサイズは大きくなっていないのに靴やサンダルが痛くなってくる特徴は、もしかしたら足の二枚爪になっている可能性があります。

できることならば、足先を出す季節は足の二枚爪を気にせずに、好きな服やサンダルを選んでオシャレしたいですよね。

足の二枚爪は気づいた時から治していくことでその後の予防にも繋がります。ぜひ二枚爪に困った時の参考にしてくださいね。

足の二枚爪とは?

まず日常的に極めて誰でも起こりやすいと言われている二枚爪の特徴からご紹介します。

二枚爪とは「爪甲の表面が先端の方で薄く剥がれる爪甲層状分裂症という爪トラブルのこと」です。

一般的に爪の構造としては「上部爪甲」・「下部爪甲」・「爪甲下ケラチン」と呼ばれる三層構造になっています。また、柔軟性を持たせるためにその三層には「10~15%ほどの水分」も含まれていることが特徴です。

二枚爪は痛みを伴わないのですが、表面だけ薄くめくれてしまうので見た目が悪くなってしまいます。また、一度二枚爪になってしまうと続けて他の足爪も二枚爪になってしまう傾向があります。

特に足指の爪は靴下や靴など履きものからも悪化させてしまうことが多いのです。なかなか気づきにくい部分でもありますが、簡単にできる治癒法はあるので、二枚爪に気づいたら早めに対処するようにしましょう。

足が二枚爪になってしまう原因

足の二枚爪の解消方法の前に、なぜ二枚爪になってしまうのかいくつかの原因をこちらでご紹介します。現在二枚爪でなくとも、当てはまる人はケアが必要になってきます。

足先が乾燥している

デートや旅行・イベントなど、外出する際にはマニキュアやネイルをよくしている女性は二枚爪になってしまう可能性が高いのです。

特にサンダルを履く季節など足先を見せる場合、マニキュアを落とす除光液には爪を乾燥させてしまう成分も含まれているので爪の水分が蒸発してしまいます。

爪切りなどの外部刺激

爪切りは一度で大きく切っていませんか?普段、何気なく使っている爪切りも爪には大きな負担となって二枚爪になる可能性が高くなります。

たんぱく質不足

意外にも爪は、皮膚を作っている「たんぱく質」でできています。

その為、肉・魚類・卵・大豆などのたんぱく源は血液や皮膚以外にも爪の健康に繋がる栄養素から摂取することができます。栄養バランスの悪い食事や偏食が続いてしまうと、栄養が爪まで行かずに二枚爪になる可能性が高くなってしまうのです。

冷え性・血行の悪さ

栄養不足と同時に女性に多い冷え性も二枚爪の原因になります。冷えは血の巡りが悪いので、足先になかなか血液が行かなくなります。

爪は爪の根元にある「爪母」という部分で作られているので、血行が悪くなれば爪までの栄養分が届かず爪母も強くキレイな爪が作りにくくなります。

二枚爪の放置は危険!美容と健康の悪影響

二枚爪はあまり気にならないからといって放置しておくと「爪甲剥離症や鉄欠乏性貧血などの病気」に繋がる可能性があり危険です。

爪の異常は足先の異常でもあるので、爪甲剥離症は爪の先端が向けることによって根元まで爪が薄くなり熱っぽくなったり身体がだるくなる症状が出ます。

鉄欠乏性貧血の場合も口内炎や倦怠感・顔面蒼白など冷え性にも似たような症状が悪化してしまい健康に関わるので放置せずに治していきましょう。

また、足の二枚爪は「代謝が悪くなる」という美容面でも悪い影響を生み出します。身体の代謝が悪くなると、体重が落ちにくくなったり肌荒れにも繋がるので、自分でできる効果的な治療方法から行っていくことをおすすめします。

二枚爪を効果的に治す2つの方法

二枚爪に気づいたら、できるだけ二枚爪を早く治したいですよね?ここでは、二枚爪になった時に一番効果が出るのが早い2つの方法をご紹介します。爪トラブルに気づいた時はまず応急処置として行ってみましょう。

1. 爪の保湿対策

一番大切なのが「爪の保湿ケア」です。二枚爪の大きな原因として「爪や爪周りの乾燥」になるので、一番先にネイルオイルやクリームを使って爪と爪周りを丁寧に保湿してあげるようにしましょう。

おすすめの保湿方法としては「爪全体を保護するようにクリーム・ネイルで覆うこと」です。この際、クリームかオイルかはお好みで自分の使いやすい方を選んでください。

保湿することで、今までは爪内部の水分が簡単に蒸発することを防ぐことができます。こちらでは応急処置としてご紹介していますが、続けることで二枚爪解消だけではなくキレイで強い爪を作ることもできる嬉しいメリットがあります。

爪に優しいオイルとしては「ビタミンやケイ素配合のオイル」を選ぶことをおすすめします。特にケイ素は髪の毛や細胞など人の身体の中にも含まれている成分なので皮膚や爪を作るサポートをしてくれます。

2. マッサージで足先まで血行を良くする

身体のマッサージと併せて、足先のマッサージをすることで足指に栄養がしっかりと届くようになります。特に冷え性の人は、通常よりも血行が指先まで流れにくいので足指を軽く揉んだり爪の周りをほぐすなどして、しっかりとケアしましょう。

マッサージをする際は、「あまり強く揉まないこと」と「足先から始めること」が大切です。指先は軽くほぐすようなマッサージをすることで固まっていた足指が柔らかくなります。

また、足先から心臓に向かって足全体をマッサージすることで血がスムーズに巡りやすくなる性質を持っていますので、ぜひ試してみてください。

生活習慣による解消・予防の4つの方法

二枚爪の応急処置をご紹介しましたが、続いては毎日の生活習慣でできる二枚爪解消・予防ケア方法を4つご紹介します。一度習慣にしてしまうと続けやすいのでぜひチェックしてみましょう。

3. 爪切りに注意する

爪切りは一番爪の刺激になりやすい行動になります。その為、二枚爪になった人も予防の人も、爪切りの使い方に注意しましょう。

二枚爪になったことのある人は、できるだけ爪の負担が少ない「爪やすり」を使って爪の長さや形を調節することをおすすめします。

二枚爪予防の人は「爪切りは一度に切らないこと」を守るようにしましょう。一度に大きく爪を切ってしまうと、目には見えにくいですが爪への刺激が強すぎます。切る時はぜひ「小さく少しずつ」を目安に切っていきましょう。

4. たんぱく質を基本とした栄養補給

爪ケアをすると同時に大切になってくるのが内側から二枚爪を治す「栄養補給」です。しっかりとした強い爪を作るのに大切なたんぱく質や、それと同時にビタミン・ミネラル類を合わせて摂取することでたんぱく質の吸収を高めてくれる働きがあります。

たんぱく質であれば「肉・魚類・卵・大豆食品」を積極的に摂取することやビタミンやミネラルは「かんきつ類など果物・野菜と海藻類」を食卓に取り入れるようにしましょう。

しかし、いきなり食生活をガラリと変えることは難しいですよね。そんな時は「週に2回」や「毎日1食分だけ」といった、少しずつ身体に取り入れる方法をおすすめします。

5. ネイルを控えること

これはネイルやマニキュアをよくする女性には残念かもしれませんが、「ネイルやマニキュアを控えること」も二枚爪の改善・予防策としてぜひ気を付けて欲しいポイントです。

しかし、最近では爪に優しいネイル商品もあるので、完全にやめるということではなく二枚爪を改善する期間はネイルをせずに、解消方法で強くなった爪に対して爪に優しいネイルを試すことをおすすめします。

6. 紫外線対策

肌や頭皮のUVカットはバッチリ!という人は多いですが、爪のUVケアをしている人は意外と少ないようです。

「爪の紫外線対策も大切なの?」と思われがちですが、爪の成分は皮膚と同じたんぱく質でできているのでオイルを塗ったりUVケアをして乾燥から守る習慣を付けることをおすすめします。

足のケアも美容の一つ!キレイな魅せる足元を作ろう

足指の二枚爪は内側だけではなく外側からのケアも大切です。放っておくと身体全体の健康・美容に徐々に悪影響を及ぼしたり、精神面でも負担がかかってしまいます。

ぜひ簡単に治癒できる二枚爪解消法でいつでも魅せられる足元美人を目指しましょう!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!