超乾燥肌のスキンケアにはセラミドを。徹底保湿で乾燥肌を改善しよう!


乾燥に苦しんでいる方は、超乾燥肌、スキンケア、と検索したことがあるのではないでしょうか。

乾燥肌用の基礎化粧品を使っても、つっぱってしまうし、一晩もたないで乾燥してしまう。

朝に保湿クリームを使っても、昼には乾燥してしまって、このカッサカサの顔、メイクの上から一体どうすればいいの?なんて、酷い乾燥の悩みを抱えているのではないでしょうか。

乾燥肌は肌の水分が少ない

健康的な肌の角質層は、水分量が20、30%ですが、乾燥肌はそれ以下で、水分が少ないのです。
肌の水分が少ないのは、肌の水分を内部にとどめてくれる保湿成分が足りていないのです。

肌の水分は失われていく

角質層の水分をとどめてくれる保湿成分は、セラミドといいます。赤ちゃんのころは、お肌の中にセラミドがいっぱいで、すごいハリのあるお肌でした。しかし、年を取っていくと、セラミドがつくられる量が減っていきます。50代になれば、20代の半分ほどにも減ります。
また、加齢だけではなく、不規則な生活習慣や気候などによっても減ってしまいます。

セラミドが減ると、肌の水分は蒸発していき、肌は水分が保てなくなり、乾燥します。

化粧水は肌の水分にならない

肌の水分不足を補うには、化粧水が適役かと思ってしまいがちですが、化粧水をたくさんつけても、乾いて蒸発すると、肌の水分を奪い、結局、乾燥してしまいます。
化粧水の後には、すぐに油分でふたをすると良いといいますね。

しかし、超乾燥肌の人は、化粧水のあとすぐ、乳液、クリームの手順を経ても、何時間か経つと、結局、乾燥してしまい、油分でふたをしているのになぜ……。と思ったこともあるでしょう。

また、化粧水、乳液、クリームで、肌は十分に潤っているのに、なぜか乾燥を感じる、ということはありませんか。触ってみても肌は十分に潤っているのに、肌の内側から乾燥を感じるのです。

このように、これまで使ってきた基礎化粧品で乾燥が防ぎきれなくなったり、インナードライを感じるようになったら、セラミド配合の基礎化粧品に切り替える時かもしれません。

乾燥している肌に必要なのはセラミド

乾燥肌は、肌の水分をとどめてくれるセラミドが減っているので、肌の水分は保てず、水分は蒸発していきます。

ですので、肌のセラミドと全く同じ構造で作られた、ヒト型セラミドという成分を、肌に補給することがベストです。

ヒト型セラミドは、成分表に、セラミド1、セラミド2、またはセラミドEOP、セラミドNSなど、セラミド+数字、またはセラミド+アルファベットで記載されています。

セラミド配合の美容液やクリーム

美容液やクリームに配合されている保湿成分は、ヒト型セラミドがベストです。

ヒト型セラミド配合の美容液の一例

  • エトヴォス モイスチャライジングセラム50ml 税別4000円
  • お試しセットあり 送料無料 WEB限定価格 税別1900円

  • ノブ III バリアコンセントレイト30g 税別5000円
  • お試しセットあり 送料無料 税込1620円

  • ボタニカルモイストセラム30ml 税別4800円
  • お試しセットあり 送料無料 WEB限定価格 税別1900円 

  • 小林製薬 ヒフミド エッセンス クリーム22g 税別4320円
  • お試しセットあり 送料別 税込980円

ヒト型セラミド配合の美容液は決して安くはありませんが、保水力は抜群で、確実に保湿してくれます。夏場のクーラーで乾燥した部屋でも、冬場でも、一度塗れば、長時間は乾燥せず、快適さを手に入れることができます。

上記の、どの商品のお試しセットも、保湿ケアのラインですから、美容液だけでなく、化粧水も試すことができるでしょう。化粧水も、こちらのものをお勧めします。

セラミド商品を買う時の留意

セラミドと一言言っても、もっと高級で高品質なヒト型セラミドのものから、セラミド成分がどれだけ入っているのかわからないプチプラの1000円以下のものまで、市場はピンキリです。その上、ヒト型セラミド以外の、植物性セラミドとか合成セラミドとか、千差万別にあります。

ですので、ヒト型セラミドの美容液を買うときは、品質的にも、相場的にも、上記のものを参考にしていただけたら幸いです。

失われていく肌の水分を守る

水分を守るということは、水分をとどめてくれているセラミドの生産を守るということです。
超乾燥肌ゆえに、足りていないセラミドを、基礎化粧品で補うだけでなく、今、自分の中にある少ないセラミドを、できる限り守りたいですね。

そのためにできることはこちらです。

クレンジングに気をつける

皮膚科の著書によると、クレンジングには、合成界面活性剤が含まれますが、それは肌のセラミドを取り除いてしまうとあります。特に、強いオイルクレンジング、リキッドクレンジングが良くありませんが、それでも使わないわけにはいかないものです。使い方を工夫して、気をつけるようにしたいですね。

普段は、肌に摩擦や刺激やの少ないミルクタイプやクリームタイプのクレンジングを使い、ウォータープルーフの日焼け止めを使った時だけ、オイルクレンジングするという使い分けの工夫が良いでしょう。
そして、お化粧をしない日は、クレンジングをする必要はなく、洗顔だけで済ませ、皮膚に負担をかけないようにしましょう。

洗顔においても、洗顔フォームに含まれている合成界面活性剤は同じくセラミドを奪ってしまうので、石鹸で洗顔をすると良いです。

洗顔をする時は、熱いお湯や冷たい水だと、皮脂を奪ったり、刺激が強かったりしますので、肌のためにひと手間かけてあげましょう。皮脂を失いたくない乾燥肌であれば、30度未満くらいが良いとされます。

ターンオーバーのサイクルを守る

セラミドは、睡眠中に行われる肌の代謝の過程でつくられます。つまり、寝ているときにセラミドは作られているのです。まさに、睡眠不足はお肌の大敵です。毎日の睡眠は大切にしたいですね。

乾燥肌にはビタミンAとビタミンB群

肉や卵などのタンパク質は、皮膚を作ってくれます。食事と肌の状態はダイレクトに関係してきますから、ダイエットや不規則な生活によりタンパク質を抜くと、皮膚が健全に作られず、肌の水分保持力は低下します。

ですので、乾燥肌の人は特に、タンパク質がとれるような食事をしましょう。
他に乾燥肌を防ぐ栄養素はこちらです。

  • 肌の潤いを守るビタミンA
  • にんじん、ほうれん草など

  • 皮膚の成長を促すビタミンB2
  • 納豆、豚肉など

  • タンパク質の代謝に必要なビタミンB6
  • まぐろ、さけなど、魚に多い

これらがしっかりと採れる食事をしていれば、乾燥肌は内側から改善することができそうですね。

紫外線から乾燥肌を守る

紫外線は、肌の乾燥を招いたり、肌の老化を進めたりします。乾燥肌の人が、日焼け止めをせずに、紫外線を浴びたら、肌がますます乾燥して角質層のバリア機能が低下し、肌の水分が守られません。

肌のバリア機能を守るためには、紫外線対策は、必要なことです。

紫外線は、曇りの日でも、ガラス窓を通り抜けて、皮膚を通り抜けて、皮膚の深いところまで到達します。ですので、外に出る時はもちろんのこと、家にいる時も、UVケアをした方が良いです。

皮膚科医の著書によると、パウダーファンデーションやフェイスパウダーは、SPF表示がなくても、紫外線をはね返す成分があるとのことです。日焼け止めほど、肌に負担もかかりませんから、家でのUVケアにはとても良いですね。

外では日焼け止めを塗り、家ではパウダーをつけ、紫外線から肌を守っていきましょう。

超乾燥する肌を改善していこう

体質である乾燥肌、30代からは顕著に肌の水分が減り続けますから、乾燥しないように気を使っていかなければいけません。

しかし、自分の肌と向き合うことで、当たり前のようで、意外と難しい基本的で健康的な生活を手に入れるきっかけになります。美肌のためにも、良く寝て、食事から栄養を取って、そしてセラミドを補うことのできるスキンケアで、超乾燥肌が改善されていきますように。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!