ワセリンの使い方。保湿だけじゃない様々な活用方法

空気が乾いて、カサカサしがちな冬場はもちろん、初でも夏でも美肌を守るためには、一年中保湿が欠かせませんよね。

もちろん、お店ではいろいろな保湿剤が売られていますね。今回はその中でも昔からあって、肌に優しい保湿効果のある「ワセリン」について見ていきたいと思います。

どれほど肌に優しいかというと、赤ちゃんのお肌にも使えるほどです。そして、肌をしっかり保護してくれます。

  • 肌が敏感
  • アトピーがある

このような方にもおすすめです。

そして、実はワセリンは、保湿以外にも女性のキレイに関する嬉しい効果が、とてもたくさんあるのです。ワセリンのいろいろな活用法についても、一緒に見ていきましょう。

ワセリンとは?

ワセリンと聞くと、「なんだか白くてベタベタしているもの」と思い浮かべる方が多いかもしれませんね。昔からご家庭にひとつはあった、という方もいるのではないでしょうか?

このワセリンはなにからできているかというと、「石油」です。石油を精製して作られています。

石油からできていると聞くと、なんだか「油を肌に塗って大丈夫なの?」と心配になってしまう方もいるかもしれませんね。

しかし、現代の精製技術は昔に比べて格段に進化しています。きちんと精製されているワセリンに副作用は無いと言われているので、安心して使うことができます。

そして、石油は天然素材です。なのでしっかり精製されている、純度の高いワセリンは、肌に優しいと言えるのです。

ボディだけでなく、顔のスキンケアにも使うことができます。

ワセリンといえば、保湿剤!

ワセリンの一番大きなイメージは「保湿剤として使う」というものかもしれませんね。そのとおり、ワセリンは、保湿効果がとても高くなっています。

ただし、「保湿」といっても、一般的な保湿クリームなどとは少し違います。

一番大きな違いは、「皮膚にほとんど浸透しない」という点です。

ワセリンはどちらかというと、皮膚をコーティングするようなイメージで使います。

皮膚に塗って、コーティングするとどうなるかというと、このような効果が期待できます。

  • 皮膚の水分を逃がさない
  • 皮膚本来の、バリア機能のはたらきを生かす
どちらかというと、皮膚本来の水分保持や、バリア機能を手助けしてくれるというイメージです。ワセリンそのものに皮膚を潤す効果はあまりないのですが、強力なサポート役になってくれると言えるでしょう。

ワセリンを使うときの注意点

このように優秀なワセリンですが、使うときには少し気を付けたいこともあります。

油焼けに注意

ワセリンを塗ったまま日光を浴びるのは、避けたほうが良いでしょう。油焼けを起こしてしまうことがあります。

しっかり落とす

ワセリンを塗ったら、しっかり落としましょう。

これはなぜかというと、ワセリンは少しべたべたしていますよね。そこへ、空気中のほこりや汚れが、付着してしまうことがあるためです。

ほこりや汚れは、皮膚にとって大きなダメージになってしまいます。ついたままでは、かえって皮膚に悪影響が出てしまうこともあります。

なので、ワセリンを使ったあとは、洗顔やお風呂などできちんと落としましょう。

「ヴァセリン」とは?

お店で「ヴァセリン」という商品を見たことがある、という方もいると思います。これは「ワセリン」とは違うのかな?と思ってしまうかもしれませんね。

答えとしては、「ほとんど同じもの」です。ヴァセリンは、商品として売られている製品の名前です。

ちなみに、「白色ワセリン」と名前のついているものが、医薬品のワセリンになります。

ワセリンのさまざまな活用法

さて、このように優秀なワセリンですが、使えるのは顔やボディの保湿剤としてだけではありません。驚くほどたくさんの活用法があるのです。

今回は特に、「女性のキレイに関する使い方」について見ていきます。キレイを求める女性にとっても、ワセリンはいろいろなシーンで活躍してくれます。

リップケアに

ワセリンを、リップクリーム代わりに使うことができます。

指にワセリンを少量取り、唇に塗ります。唇を優しく守ってくれます。

ちなみに先ほど少し触れた、ワセリンを使った製品である「ヴァセリン」には、リップクリームとして使える、リップバームやリップクリームの形状で売られているものもありますので、そのようなものを使うと手軽ですね。

そして、普段のリップクリームとしてだけではなく、リップのスペシャルケアとして使うこともできます。

ワセリンとラップだけで、簡単におこなうことができます。

  • 唇にワセリンを塗ります。ややたっぷりめに塗っても良いでしょう。
  • 上から、唇より少し大きめに切ったラップでそっと覆います。そのまま数分置きます。
  • ラップを取ります。べたつきが気になる場合は、そっとティッシュなどでオフしましょう。

ワセリンでもリップパックは、ときどきおこなう、スペシャルケアとするのが良いでしょう。お風呂あがりなど、体があたたまり、皮膚がやわらかくなっている状態でおこなうのがおすすめです。

かかとケアに

冬場は特に、かかとのカサつきが気になってしまう、という方は多いと思います。カサカサしたり、酷いとひびわれてしまうことも……。

そんなときに、ワセリンを少量かかとに塗ってみましょう。かかとを守ってくれます。

「カサつきがひどい」「ひびわれてしまって痛い」というときは、スペシャルケアはいかがでしょうか。ワセリンを塗ったあとに靴下をはいて、一晩寝てみると良いでしょう。

靴下は、綿でできているものがおすすめです。天然素材で、肌に優しくなっています。

靴ずれに

慣れない靴を履いたときや、ヒールのある靴を履いたときなどは、靴ずれを起こしてしまうことがありますよね。何回か履いてみても、擦れてしまって痛い、ということもあるかもしれません。

その場合は、かかとケアと同じ要領で、靴ずれを起こしてしまいがちな部分に塗ってみましょう。ワセリンが摩擦を軽くしてくれるので、靴ずれが軽減できます。

ハンドクリームに

ワセリンは保湿剤ですから、もちろんハンドクリームとしても使用できます。少しべたつくのが難点ですが、昼間でも使うことができます。

そして、リップパックやかかとへのスペシャルケアと同じように、手のスペシャルケアにも使えます。特に、かさつき、ひび割れ、ささくれにお悩みの方にはおすすめです。

かかとケアと同じように、手にワセリンを塗ります。そして、手袋をして一晩寝ます。

翌朝、手がかなりしっとりしていると感じられるでしょう。もちろん、朝、手袋を外したあとは手を洗って、ワセリンを落としましょうね。

やはり手袋は、靴下と同じく、綿素材のものをおすすめします。最近では、ハンドケア用の手袋が100均でも売られています。

綿100%のものも多くありますし、女性の手のサイズに合っている小さめサイズのものもあります。ハンドケア用の手袋は、かなり使い勝手が良いといえます。

花粉症予防に

冬の終わりから春先にかけて、花粉症に悩まされているという方は多いですよね。そんなとき、ワセリンを使ってちょっとした予防をしてみるのはいかがでしょうか。

  • 鼻の下
  • 目のまわり

花粉が入ってしまいやすいところへ、少しだけワセリンを塗ります。花粉が入ってしまう、予防になります。

メイク落としに

ワセリンは、メイク落としにも使うことができます。石油からできている、つまり油ですから、メイクも落ちるというわけですね。

ワセリンは、マスカラ、アイシャドウなどの、落ちにくいアイメイクをポイントで落とすのに良いでしょう。細かい部分ですから、綿棒などを使うと良いかもしれませんね。

ワセリンの活用法は無限大!

ワセリンとはなにかという基本的な話から、女性のキレイに嬉しい活用法まで、ワセリンのいろいろな活躍について見てきました。

ワセリンは薬局の棚にもあるような、あまり目立つことのない存在かもしれません。でも、実はとっても優秀なはたらきがあると、わかっていただけたと思います。

優秀な保湿剤としてだけではなく、女性のキレイにもさまざまな面で活躍してくれます。お手元にひとつ置いておいても良いかもしれませんね。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!