内臓脂肪をサプリで減らす!効果のある成分やおすすめのサプリ

年齢が上がるにつれて、お腹や腰にいらないお肉が付いてきたなと思いませんか?女性なら、気になりますよね。

ダボっとした洋服さえ着れば体型は誤魔化す事はできますが、一度付いてしまったお肉はなかなか落とす事はできません。

そのお肉の正体は?と言うと、ちょっと厄介な内臓脂肪という名前の胴回りに付いてしまう脂肪なのです。内臓脂肪は放っておくと高血圧や動脈硬化、糖尿や脂質異常症などの病気になりやすくなるので、健康で長生きしたいのであれば減らす努力をしなくてはなりません。

運動や食事制限が苦手なら、サプリを使うという選択肢が残されています。これから、内臓脂肪に効果的なサプリの成分や、内臓脂肪が気になった時におすすめのサプリをご紹介していきます。

内臓脂肪が気になる時に飲むサプリ

内臓脂肪を減らすためには、ウォーキングやジョギング、スイミングなどの有酸素運動をして、筋トレのような無酸素運動を組み合わせると効果的です。また、食事も野菜中心の生活や糖質制限などのダイエットメニューを取り入れます。

これらの運動や食事を続ければ、間違いなく内臓脂肪を減らしていく事ができるのですが、継続させるには大変な努力が必要です。

そんなの無理!というあなたには、内臓脂肪に効果的なサプリを摂り入れる事をおすすめします。内臓脂肪に効果的なサプリにはどんな成分が配合されているのか詳しくご紹介します。

内臓脂肪を燃やす成分が入っている

内臓脂肪を減らす為に飲むサプリには、脂肪を分解して燃焼する成分が配合されています。

  • カテキン
  • 葛の花由来イソフラボン
  • ブラックジンジャー
  • ラクトフェリン
  • L-カルニチン
  • クロロゲン酸
  • カプサイシン

主な内臓脂肪に効果的なサプリの成分を挙げてみました。内臓脂肪を減らすのを目的としてサプリを飲むのなら、これらの成分が成分表の最初の方に記載されているかどうか、まずチェックしましょう。

これらの成分の主な特徴は・・・

トクホのお茶で内臓脂肪を減らすと謳われているヘルシアなどが人気ですが、「カテキン」が高配合されています。「葛の花由来イソフラボン」には、脂肪が体に蓄積されないようにする作用や脂肪細胞をバラバラにする働きが臨床検査の結果として発表されました。

食事の前に飲んでおくとカロリーカットできる人気ダイエットサプリのカロリミットは、近年では「ブラックジンジャー」を更に配合して内臓脂肪の燃焼効果を高め、パワーアップした新商品を発売しています。

「ラクトフェリン」は、内臓脂肪を減らす効果が期待できるのはもちろん、他にも様々な効果があるので多機能タンパク質と呼ばれています。哺乳類の乳に含まれている成分ですが、加熱処理には耐えられないのでサプリでの摂取が一般的です。

内臓脂肪が付かないように、脂肪をエネルギーに変えるサポートをしてくれる「L-カルニチン」という成分があります。羊肉や牛ヒレ肉には多く含まれている成分なので、ダイエット中にお肉を食べたい時に適していると言われているのです。

緑茶に含まれているカテキンはポリフェノールですが、「クロロゲン酸」はコーヒーに含まれているポリフェノールです。カテキン同様、内臓脂肪を燃焼させる効果があり、特に肝臓に付いた脂肪に効果的と言われています。

よく、辛い物を食べると太らないと言われますが、「カプサイシン」とは唐辛子の辛みの成分で内臓脂肪を燃焼させる効果が期待できます。辛い物が苦手という人でもサプリなので問題なく摂取する事ができ、エネルギー代謝を上げる効果もあるので内臓脂肪が付かないようにする為の予防にもなるのです。

脂分や糖分の吸収速度を抑える成分が入っている

内臓脂肪が付いてしまう原因の一つは、食べ過ぎによるものです。食事の内容も、脂っこいものが好きな人や炭水化物をたくさん食べる人が内臓脂肪で悩む場合が殆どなので、内臓脂肪を減らすには食事制限はとても有効です。

でも、好きな物や食べたい物を我慢するのはストレスになりますよね。

そこで、食事制限の代わりに脂分や糖分の吸収速度を抑えてくれる成分の入ったサプリを飲みましょう。完全に吸収しないようブロックしてくれる訳ではありませんが、吸収速度が緩やかになるので血糖値の急な上昇を抑える事ができます。

揚げ物やお肉などの脂分やご飯やパン、麺類などの主食に含まれる糖分を吸収しづらくするなら食物繊維の配合されたサプリを飲みましょう。食物繊維には水溶性と不溶性の二種類あり、両方をバランス良く摂る事が内臓脂肪を減少させるには理想的です。

  • キチンキトサン
  • 難消化性デキストリン
  • ポリデキストロース
  • レジスタントスターチ

これらは全て食物繊維であり、内臓脂肪を減らすために飲むサプリの成分でもよく記載されているものです。この中で、「キチンキトサン」だけは水溶性と不溶性の性質を持つ二種類の成分を合わせたものですが、その他は、レジスタントスターチ以外は水溶性の食物繊維です。

「難消化デキストリン」は、よくトクホの商品に使われているので有名ですね。脂分や糖分の吸収速度を抑えるだけでなく、腸の調子も整えてくれます。「ポリデキストロース」は、糖分の吸収速度を緩やかにして、血糖値が急に上昇するのを防いでくれる成分です。

「レジスタントスターチ」は難消化性デキストリンと同じくデンプンに含まれている食物繊維ですが、不溶性食物繊維に属します。水に溶けず消化に時間が掛かりる事でビフィズス菌の餌になるので、腸内環境を良くして新陳代謝を上げる働きをします。また、満腹感が持続する効果もあるので、内臓脂肪には大敵な間食の予防にも利用できるでしょう。

内臓脂肪におすすめサプリ10選

内臓脂肪に効果のある成分が入ったサプリは、近所のドラッグストアを覗いただけでもたくさんの種類があって何を選んだら良いのか迷いますよね。また、インターネットで探しても、通販サイトで様々なサプリを目にします。

どれが自分に合ったサプリなのかを見極めるには、商品の特徴を理解しておく事がポイントです。ここでは内臓脂肪に効果的で高評価のサプリを集めて、分かりやすくご紹介します。

1. ファンケル 大人のカロリミット

外食の機会が多い時期になると、よくCMを目にするようになるファンケルのカロリミットは、食事の油や糖の吸収を抑えるサプリでした。これに脂肪を燃やす成分「ブラックジンジャー」をプラスして、内臓脂肪にも効果が期待できるサプリにパワーアップしたのが大人のカロリミットです。

キトサンを始めとした5種類の天然由来成分が、内臓脂肪が付きやすくなる栄養分を吸収しづらくする働きをします。1日の中で、一番カロリーが多くなってしまう食事の前に飲んでおく1日1回のサプリです。

2. ライオン ナイスリムエッセンス ラクトフェリン

ラクトフェリンには、内臓脂肪を分解して燃焼してくれる効果が研究結果として発表されています。母乳にも含まれている成分なので、今まで一度もサプリを飲んだことが無いという人にも安心して口に入れる事ができる成分です。

ラクトフェリンには内臓脂肪に効果的な働きだけでなく、ウィルスから体を守ってくれたり腸内環境の改善、ピロリ菌や歯周病から守る抗菌性もあります。健康志向の強い方には特におすすめのサプリです。

3. ニュートリライト ダイエットサプリメント

アムウェイのブランド、ニュートリライトから販売されているダイエットサプリです。主成分となっているのは、南アジアの果物から抽出したガルシニア・カンボジアです。

ガルシニア・カンボジアはダイエットに有効であると世界的に有名で、脂肪や糖分の吸収を抑えたり体に脂肪が付きづらくなる成分です。更に食物繊維のキトサンも配合されているので、かなり効果が期待できます。

4. 富士フィルム メタバリアS

糖分の吸収を抑える働きがあるサラシア由来の成分で、血糖値の上昇が緩やかになります。内臓脂肪が気になるけれど主食が大好きという人には、食前に飲んでおくと脂肪の増加を防ぐことができるのです。

また、ビフィズス菌が増えるので腸内環境が良くなり、新陳代謝も上がります。じっとしている間のカロリー消費量が増えるので、内臓脂肪が落ちやすくなります。軽い運動と併せて飲用していくと効果的です。

5. トップバリュ 内臓脂肪が気になる方の葛の花イソフラボン配合大麦若葉青汁

健康食品の代表格である青汁には、野菜不足の人には嬉しい成分がギュッと詰まっていますが、トップバリュのPBで出しているこちらの青汁には内臓脂肪を減らす効果がある葛の花イソフラボンが更に配合されています。

大麦若葉の青汁なので飲みやすく、価格も通常の青汁と比べてもとてもリーズナブルです。内臓脂肪と栄養バランスを気にしている人や、錠剤が苦手という人、サプリに抵抗がある人は青汁から試してみるのも良いのでは無いでしょうか。

6. DHC フォースコリー

ダイエッターの中でも話題になった、コレウスフォルスコリからエキスを抽出して作られた、内臓脂肪を減らす効果も期待できるダイエットサプリです。お食事前に飲んでおくカロリーカットのタイプでは無く、常に成分を体の中にキープしておく事で効果を感じる事ができます。

タブレットタイプとソフトカプセルのタイプがありますが、サプリ初心者にはソフトカプセルがおすすめです。内臓脂肪や皮下脂肪だけを減らすので、健康的にダイエットする事ができます。

7. 亀山堂 コレスリム

L-カルニチン、クロロゲン酸などの内臓脂肪に有効成分の他にも、発酵エキスや血液サラサラ成分などもたっぷり配合された贅沢なサプリです。酵素成分も摂れるので、美容に関心のある方にも試してみる価値はあるでしょう。

18種類のアミノ酸やDHA・EPAも摂取できるので、これ一つでバランスの良い食生活を始める事ができます。滞りがちなお通じも毎日のスッキリで、お腹周りがグンと減るかもしれませんね。

8. スッキリライフ通販 シボヘール

葛の花イソフラボンの成分がメインの、内臓脂肪を減らす効果が期待できるサプリです。葛の花イソフラボンは脂肪を体に付きづらくする、内臓脂肪を分解して燃焼するといった効果が期待できるので、お腹の脂肪を気にしている人にはぴったりの成分です。

但し、シボヘールを飲むだけではその効果は現れず、適度な運動やバランスの良い食事が必須となります。運動や食事に気を付けているのに、なかなか内臓脂肪が落ちないという人にはおすすめです。

9. ヘラスリム

葛の花イソフラボンの成分を使って作られた、内臓脂肪に効果があるサプリです。機能性表示食品の表記がされており、臨床検査の結果により内臓脂肪が減る事を確認し、消費者庁へ届出されています。

1日に8000歩前後歩くのと同等の運動を続け、1900キロカロリー平均で毎日の食事をコントロールし、最低3ヶ月続ける事で結果が実感しやすくなるサプリです。価格を気にせず、本格的なサプリで試したいという人にはヘラスリムがおすすめです。

10. 大塚製薬 賢者の食卓

脂肪に変わりやすい糖分や脂分が体に吸収されるのを抑える、難消化性デキストリンのサプリです。錠剤タイプのサプリでは無く、粉末を好きな飲み物に溶かして摂取します。

お茶やお水、コーヒーなどに入れても味が変わらず、錠剤を飲むのが苦手な人にもストレスがありません。食事の度に摂取すると、血糖値の急激な上昇を抑える事ができます。

内臓脂肪はサプリで分解して燃やしましょう

内臓脂肪は食べ過ぎや運動不足が原因で、お腹の周りや腰の辺りに付いてしまう脂肪です。30代から40代にかけて、代謝も落ちて脂肪が付きやすくなります。

年齢的なものだから体型の変化は仕方無いと諦めてしまうと、内臓脂肪は更に付いていき動脈硬化や糖尿病などを引き起こす原因になります。

本格的な食事制限や運動が苦手なら、内臓脂肪に効果的なサプリを飲みましょう。もちろんサプリは薬では無いので、飲むだけで内臓脂肪を減らす事は難しいのですが、ほんの少しだけ日常の生活に気を付けると効果が期待できるようになります。

内臓脂肪に効果的なサプリには、脂肪をバラバラに分解して燃焼するはたらきのある成分が入っています。また、内臓脂肪が付く原因になる脂分や糖分の吸収を遅くして、血糖値の上昇する速度を緩やかにする効果のある成分も配合されているのです。

内臓脂肪は、ただ脂肪が付いてしまったという事では終わらずに健康を害する恐れがある事を忘れずに、サプリを上手く活用して減らしていきましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!