肌の悩みに万能なビタミンC誘導体は、化粧水で取り入れよう!


化粧水に配合されている成分に「ビタミンC誘導体」というものがあります。

化粧品に配合される成分の中でも効果が高く、高浸透型やビタミンC誘導体100%配合という宣伝を見たことがあるという人もいるでしょう。

「ビタミンC誘導体」は万能成分として知られており、エイジングケア用の化粧水ならビタミンC誘導体が配合されていればOKと思っている人もいるかもしれませんが、肌のコンディションやケアの目的に合わないと効果はありませんよ。

今回は、ビタミンC誘導体の効果と化粧水の選び方を説明します。

万能美肌成分「ビタミンC誘導体」とは?

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを加工して肌に浸透しやすくした成分のことをいいます。
ビタミンC誘導体は、「水溶性」「脂溶性」「高浸透型」の3つに分けられます。

水溶性ビタミンC誘導体

化粧水に使われることが多いビタミンC誘導体で、「リン酸アスコルビルMg(APM)」「リン酸アスコルビルNa(APS)」「アスコルビル酸グルコシド(AG)」「アスコルビル酸エチル」と表示されています。

ビタミンC誘導体のなかでも肌への浸透が早く、角層にも届きやすいので肌のターンオーバーを促すともいわれています。

脂溶性ビタミンC誘導体

クリームやジェルに使われるビタミンC誘導体で、「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP)」「ステアリン酸アスコルビル」「ジパルミチン酸アスコルビル」「パルチミン酸アスコルビル(エステルC)」と表示されています。

水溶性に比べると肌に浸透するのに時間がかかりますが、その分持続性が高く、シミやシワ、たるみの原因にもなる活性酸素を除去する効果があります。

高浸透型ビタミンC誘導体

水溶性と脂溶性の両方の効果を併せ持つビタミンC誘導体で、「パルミチン酸アスコルビリン酸3Na(APPS、アプレシエ)」「イソステアリルアスコルビリン酸2Na(FuncosC-IS、APIS)」と表示されています。

肌の奥にある真皮まで成分が浸透するので、コラーゲン生成やメラニン色素の抑制にも効果が期待できます。

ビタミンC誘導体の効果とは?

ビタミンC誘導体が万能成分といわれる理由は、あらゆる肌の悩みに効果があるといわれているからではないでしょうか。

  • シミ
  • シワ
  • たるみ
  • くすみ
  • ニキビ
  • ニキビ跡

肌の悩みは、元々の肌質だけでなく、年齢や生活習慣によって起こるものもあり、原因や症状も様々です。

美白有効成分では、唯一のメラニン色素還元作用!

ビタミンC誘導体は、厚生労働省が「シミ」や「ソバカス」の予防に効果がある成分として認めた「美白有効成分」のひとつです。

シミの原因でもある紫外線は、メラニン色素を生成させる「チロシナーゼ」を活発にさせます。

ビタミンC誘導体には、チロシナーゼの動きを抑えてメラニン色素の生成を防ぐ働きをします。

美白有効成分として認められている成分は約20ほどありますが、ビタミンC誘導体は「美白有効成分」では唯一「メラニン色素」ができても元に戻る還元作用があります。

ビタミンC誘導体にはシミの発生を防ぐだけでなく、ニキビ跡のような「色素沈着」を目立たなくする効果も期待できます。

皮脂をコントロールしてニキビを予防

ビタミンC誘導体はニキビ用の化粧水にも配合されており、抗炎症作用で肌の炎症を抑えて、ニキビを改善します。

ビタミンC誘導体には、ニキビの原因であるアクネ菌を増殖させる「活性酸素」を除去する効果もあり、皮脂の分泌を抑えます。

皮脂の分泌をコントロールすることで、ニキビができやすい人に多い、肌のテカリやベタつくも予防します。

シワやたるみといったエイジングサインもケア

シミとならんで、エイジングサインといわれる「シワ」と「たるみ」加齢によるターンオーバーの乱れや弾力不足による肌の衰えが原因です。

ビタミンC誘導体には、ターンオーバーを正常化するだけでなく、コラーゲンの生成も促すので、肌にハリを与え、シワやたるみを改善します。

毛穴の引き締め効果もあるので、リフトアップ効果も期待できます。

ビタミンC誘導体配合の化粧水を選ぶときの注意点

ビタミンC誘導体配合化粧水は、美白の他に、エイジングケアを目的に使う人もいるでしょう。

ビタミンC誘導体配合化粧水の効果を実感するためにも、選ぶときに気を付けてほしいことをまとめています。

高濃度だから効果があるわけではない!

市販の化粧水に配合されているビタミンC誘導体は1~2%と決して多くはありません。

シミやニキビが気になる場合、高濃度の方が効果がありそうですよね。

確かにビタミンC誘導体100%と宣伝している化粧水もありますが、高濃度のものは肌への刺激が強く、肌のコンディションによっては、肌荒れの原因にもなります。

化粧水は毎日使うもの!即効性を期待するよりも、時間をかけてお手入れをしたほうがビタミンC誘導体の効果は実感できますよ。

他の配合成分もチェック

ビタミンC誘導体配合の化粧水を使うと肌質によっては、乾燥が気になることも!

ビタミンC誘導体化粧水を選ぶときは、まず保湿成分をチェックしましょう。

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • スクワラン
  • グリセリン
  • リピジュア
  • プラセンタ

保湿成分の他にも肌を整えるフラーレンやエイジング効果が期待できるビタミンA、ビタミンE、ペプチドといった成分を確認しておくと、お手入れがしやすくなります。

パッチテストで肌に合うか確認しよう!

化粧水を使う時は、肌への刺激やアレルギーといったトラブルが起こらないか確認するために、必ずパッチテストをしましょう。

ビタミンC誘導体化粧水も、使っていて刺激を感じた場合には、すぐに使用を止めてくださいね。

化粧水は、肌のコンディションにあわせて選ぼう!

化粧水もたくさんの種類があるので、どれを選べばよいのか迷ってしまうかもしれませんね。

肌のコンディションや悩みにあわせて選べば、肌荒れも予防できて、キレイな肌になれますよ。

シミやニキビ跡に悩んでいる人は、ビタミンC誘導体配合の化粧水でケアをしましょう!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!