石鹸洗顔のメリット&デメリット。自分の肌に合わせて選ぼう!


「固形石鹸は1番お肌に優しい洗顔料」という意見もあれば、「洗浄力が高すぎるからNG」という意見もあります。

乾燥肌・敏感肌の方は、出来るだけ肌を乾燥させたくありませんよね。

だからこそ、洗顔料やその方法にはとても気を使っていらっしゃると思います。

「汚れはしっかり落としたい」でも「必要なうるおいまで落とすのは避けたい」、その為に固形石鹸を洗顔料に使うのは、果たして良いのか悪いのか、とても疑問に思うところです。

今回はそんな石鹸洗顔のメリットやデメリットをはじめ、石鹸の選び方・正しい洗顔方法についてまとめてみました。

洗顔後に使うスキンケアの効果を上げる為にも、まずは落とすケアの基本「洗顔」について見直していきましょう!

知っておきたい!洗顔石鹸の基礎知識

「石鹸って肌に優しそう」

「安くても高くても同じな気がする」

そんなはイメージはありませんか?

まずは固形石鹸について、知っておきたい事をまとめてみました。

石鹸で洗顔をするメリット

  • 添加物が少なく肌に優しい

石鹸の成分は実にシンプルです。

石鹸は「油脂、苛性ソーダ、精製水」で出来ています。

油脂…ヤシ油、パーム油、オリーブ油 等
苛性ソーダ…アルカリ物質

これが石鹸の成分表示で見かける「石けん素地」の中身です。

石鹸は油脂をアルカリと反応させ、成型すると完成です。

その他保湿成分や着色料等を配合している石鹸もありますが、基本的に「石鹸素地」のみで石鹸は出来上がるのです。

余計な成分が含まれていないピュアな石鹸だと、肌への悩みやその原因を突き止めやすく、負担にもなりません。

  • 汚れをしっかり落とす

後で更に詳しく説明しますが、石鹸の洗浄力は侮れません。

「石鹸で落とせる日焼け止め」「石鹸で落とせるファンデーション」がありますよね。

あれは、日焼け止めやファンデーションとしての機能が弱いというよりも、石鹸にはそれだけの洗浄力が備わっているからです。

石鹸で洗顔をするデメリット

  • つっぱり感が出る

石鹸を避ける1番の理由ともいえるのはこれではないでしょうか。

石鹸で洗った後のつっぱり感の正体は、「石けんカス」と呼ばれるものです。

洗顔時、石けんと水に含まれるミネラルが結合します。

するとその結合したもの(=石けんカス)が肌に付着します。

これが肌につっぱりを感じる原因です。

  • 洗浄力が強い物が多い

洗浄力の高さは石鹸のメリットでもありますが、肌の状況によってはデメリットになることもあります。

特に乾燥肌・敏感肌の方は洗いすぎに要注意です。

洗浄力が高い石鹸と比較的穏やかな石鹸がある

石鹸は油脂とアルカリを反応させて出来た一種の界面活性剤です。

更に先ほど、「石鹸の洗浄力は侮れない」とお話しました。

しかし、その洗浄力の高さも2パターンに分かれます。

なので乾燥肌・敏感肌の方も石鹸洗顔を諦める必要はありません。

洗浄力の高い物と低い物の見分け方・特徴は以下の通りです。

  • 洗浄力が高い=見た目が不透明なもの

色が透き通っていない石鹸のことです。

有名なものだと、牛乳石鹸がそうです。

こういった石鹸は「機械練り」といった製法で作られます。

・石けん成分が多く含まれており、皮脂や古い角質をしっかり落とす。

・保湿成分・水分量が少ない為、普通肌・オイリー肌向き

  • 洗浄力が低い=見た目が透明~半透明

不透明な石鹸に比べると少しお値段が張るものに多いです。

このタイプは「枠練り」という製法で作られています。

・優しい洗浄力(石鹸で落とせるコスメや日焼け止めはオフできる)

・グリセリン・スクロースなどの保湿成分や水分配合量が多く、乾燥肌・敏感肌向き

洗顔フォームとの違い

「洗顔料」と言えばクリーム、ペースト状の「洗顔フォーム」もメジャーですよね。

「洗顔フォーム」は石鹸よりも種類が豊富で、一言でどちらが良いという事はできません。

例えば、石鹸はどれもアルカリ性です。

対して洗顔フォームは弱酸性~アルカリ性のものまであります。

これは、洗顔フォームには様々な界面活性剤(洗浄剤・乳化剤)を配合できるからです。

よって、洗顔フォームを使うべきか、石鹸を使うべきかは、個人の肌質やTPOによって異なります。

石鹸洗顔をおすすめしたい時

  • 夜の洗顔

朝と夜では洗顔の目的が違います。

固形石鹸を洗顔に使うなら夜がベストです。

朝:
汗やほこりを洗う

夜:
・汗やほこりを洗う
古い角質(肌のアカ)を落とす
余計な油分、汚れのオフ
肌に残ったクレンジング剤、メイクをオフ

朝は汗やほこりを洗い流せたら大丈夫ですので、石鹸のような洗浄力の高い洗顔料は必要ありません。

特に乾燥肌・敏感肌の方はぬるま湯洗顔で十分です。

しかし夜は、朝よりも落としたい汚れが増えています。

  • 石鹸で落とせるメイクをしている時

先ほども少しお話ししましたが、「石鹸で落とせる日焼け止め」や「石鹸で落とせるコスメ」は「石鹸でないと落とせない」という事です。

  • 皮脂汚れが気になる時

皮脂や古い角質の汚れをスッキリ落としたい時は固形石鹸を使ってみましょう。

ピーリングジェルやクレンジングよりも肌への負担が少なく済みます。

特に敏感肌の方は成分がシンプルな石鹸での洗顔がおすすめです。

石鹸洗顔をおすすめできない時

  • 炎症を起こしている時

肌のバリア機能が正常に機能していない証拠です。

そういった肌には石鹸の洗浄力は高すぎて、よりバリア機能を壊してしまう恐れ場合があります。

メイクをしている時はクレンジングや石鹸洗顔も必要ですが、出来るだけメイク自体を控えましょう。

  • メイクをしていない時

メイクをしていない日(日焼け止めもしていない場合)は石鹸ほどの洗浄力は必要ありません。

アミノ酸系の肌に優しい洗顔フォーム、もしくはぬるま湯洗顔で良いでしょう。

石鹸洗顔で解消したい肌トラブル

肌のトラブルにはいろんなものがあります。

中でもニキビや毛穴の黒ずみは、洗顔に注目する方も多いのではないでしょうか。

ここからはニキビと毛穴のトラブルに対して固形石鹸で出来る対策をご紹介します。

ニキビに関してはフェイスラインを中心にできる「大人ニキビ」に注目してお話ししていきます。

ニキビケアでは優しく角質を柔らかくすること

大人ニキビの外的要因は以下の3つです。

  • 古い角質の蓄積
  • バリア機能低下
  • 肌の乾燥

これらを解消するためにはバリア機能を守り育てつつ、厚くなった角層を柔らかくする事が重要です。

肌の乾燥やバリア機能低下は洗顔時の洗いすぎが原因になることがあります。

洗浄力の高いクレンジングや洗顔のし過ぎ、摩擦の刺激により、バリア機能が壊れ、乾燥し、ニキビが出来てしまうのです。

クレンジングはメイクの濃さに合ったものを使用しましょう。

また洗顔に関してはまずは、皮脂を取りすぎないよう、枠練りタイプの透明~半透明の石鹸をおすすめします。

毛穴の黒ずみはとにかく洗いすぎが原因

毛穴の黒ずみは単なる汚れではありません。

その為、洗えば解決するというのは間違いです。

毛穴の黒ずみというは、乾燥により皮膚が肌を潤そうと皮脂を分泌し、この皮脂が酸化して黒くなっているのが実態です。

つまり乾燥を防ぐことが黒ずみ解消への正しいケアなのです。

もちろん、汚れ(古い角質)が残っているのも問題です。

その為には石鹸で不要な汚れはきちんと落としつつも、洗いすぎないことが重要なのです。

石鹸洗顔に刺激を感じた時の原因と対処法

「石鹸で洗顔をしたらピリピリと刺激を感じた」

「洗顔後に肌が赤くなった」

そんなトラブルを経験された方もいらっしゃるかと思います。

ここからはそんな時の原因と対処法についてご紹介していきます。

刺激、赤みの原因は石鹸のせいだけではない

まず刺激や赤みの原因は主に以下の3つです。

  • 肌に合わない成分が配合されていた
  • →大多数の人は刺激に感じない成分が、たまたま、自分の肌に合わなかった場合

  • 石鹸の洗浄力が強すぎた
  • →必要な皮脂まで流れてしまい、極度な乾燥状態になってしまった場合

  • 年齢や季節の関係で肌の力が弱まった
  • →今までは問題なく使えていたのに、突然異変を感じた場合

この3つ原因を一言で言うと「バリア機能の低下」です。

これについてもう少し詳しく見ていきましょう。

石鹸で感じるバリア機能低下のサイン

肌が「弱酸性」なのに対し、石鹸は「アルカリ性」です。

石鹸で顔を洗うと、肌はアルカリ性に傾きますが、肌本来の力で30分と経たないうちに弱酸性に戻ります。

これが健康なお肌の力です。

ところが、肌のバリア機能が低下しているとこの力が発揮さず、肌を弱酸性に戻すことが出来ません。

よって刺激を感じたり、赤みが出るなど炎症を起こしてしまうのです。

つっぱり感程度なら問題なし

石鹸洗顔でのデメリットともいえる肌のつっぱり感ですが、これにも石鹸のアルカリ性が関係しています。

しかしつっぱる程度で、刺激や赤みが出ないのであれば問題ありません。

注目すべきは、アルカリ性に耐えられないほど、肌が弱まっていることなのです。

刺激や赤みが出たときは応急処置

石鹸洗顔により、肌に刺激や赤みを感じたときは、まずはその石鹸の使用を中止しましょう。

使い続けると肌荒れに繋がってしまう可能性もあります。

以下にその他の対処法をまとめました。

  • 使用中に刺激を感じたらすぐに洗い流す。その後洗い直す必要はない。
  • 赤み、火照り、痒みが起きたらスキンケアの前に冷水で濡らしたタオルで患部を冷やすこと。
  • 必要に応じて医師に相談すること。
  • 刺激や炎症が治まらない場合はスキンケアも控えること。
  • 乾燥を感じる場合はクリームのみ使用(シンプル処方のものやワセリン等が好ましい)

美肌になるための石鹸洗顔の方法

石鹸には高い洗浄力でありながらシンプルな成分という大きなメリットがあります。

乾燥肌の方にもオイリー肌の方にも、そして敏感肌の方にも嬉しいポイントですよね。

石鹸の魅力を最大限に生かし、美肌を目指しましょう。

気を付けたいのは洗いすぎと、摩擦による刺激です。

その為の石鹸洗顔のコツを3つご紹介します。

①20秒前後で素早く・優しく・丁寧に

石鹸で長く洗顔してしまうと、汚れだけでなく必要な皮脂まで落としてしまいます。

石鹸の泡を肌に乗せて洗う時間は20秒前後で十分です。

指の腹がお顔に触れない程度に優しく泡を転がすイメージで、丁寧に素早く洗いましょう。

②しっかり泡立てる

固形石鹸を素手で泡立てるのは難しいです。

それでもたっぷりの泡で優しく洗う必要があるので、洗顔ネットを使ってしっかりと泡立てます。

③予洗い、洗い流しのぬるま湯は32度程度

温かいと感じるお湯では、必要な皮脂が流れ、乾燥を招きます。

お水でも刺激になりますし、毛穴が開かず汚れを落としづらくなります。

理想は32度程度のぬるま湯です。

体感で言うと「冷たくないけど、温かくも感じない」「常温」ぐらいです。

石鹸洗顔のみでのケアはリスクを伴う

肌本来の力で美肌を目指す為、「石鹸洗顔の後、化粧水も乳液もクリームも何も塗らない」というケアの方法もあります。

しかしこの方法は賛否両論です。

結論から言えば個人差やライフスタイルによりますので、簡単におすすめすることは出来ません。

最大のメリットは肌の再生力を育てられる

元々肌には自分で乾燥や刺激から守る「バリア機能」が備わっています。

なので本当は化粧水もクリームも何も必要ないのです。

クレンジングや洗顔料での洗顔が当たり前の今、スキンケアをしなければ、肌は乾燥します。

しかし洗顔後のスキンケアで潤いが与えられなければ、皮膚は自ら皮脂を出し、肌を潤わせます。

これが上手くいけば何もつけなくても肌本来の力で肌のうるおいのバランスが保てるようになります。

スキンケアコスメを集める手間やコストが省けるのも大きなメリットですね。

肌荒れを起すリスクが大きなデメリット

「肌本来の力を育てられる」と言っても、それにはリスクも伴います。

今までずっと洗顔→スキンケアが当たり前だった習慣を辞めてしまうわけですから、当然最初は肌も上手くバランスを調節できません。

極度の乾燥を招き、粉吹き、ニキビ、炎症、痒み、肌荒れを起こす可能性も大きいです。

試したいときはまずは2週間様子を見てみる

初めから「もう一生スキンケアしない!」と決めるのはストレスになってしまいます。

自分の肌質やライフスタイルに石鹸洗顔のみのケアが合っているか見極める為、まずは2週間のお試し期間を設けましょう。

もう少し続けられそうと感じれば、もちろん延長してみて大丈夫です。

やっぱり無理だと感じたら、また洗顔後のスキンケアを始めれば良いのです。

ただし、スキンケアを再開するときは肌を慣れさせる必要があります。

いきなり大量の化粧水をつけたり、パックをしたりするのではなく、クリームや少量の化粧水から始めてください。

続けるにしろ、辞めるにしろ、洗顔を含めお肌のお手入れに無理は禁物です。

メイクをした日は必ずクレンジングを

石鹸洗顔以外のスキンケアは辞めたとしても、クレンジングは必ず行いましょう。

石鹸で落とせるコスメだけでメイクした場合は、石鹸洗顔のみでOKです。

肌質によって石鹸を選ぶことが大切

今回は石鹸洗顔に着目してお話しさせて頂きました。

固形石鹸は洗浄力が高いと言っても、枠練りか機械練りかで違いがありますので、乾燥肌の方はまず透明な枠練りの石鹸から試してみるのがおすすめです。

とは言え、「固形石鹸だけを使い続けよう!」と執拗にこだわる必要はありません。

自分の肌質だけでなく、その日の肌の状態や使ったコスメ・日焼け止めに合わせて洗顔料を選ぶことが重要です。

ただ、クレンジングを使うほどでもないコスメや日焼け止めを使った日は石鹸洗顔が正解です!

是非お気に入りの洗顔石鹸を見つけてみてくださいね!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!