手ぬぐい洗顔でツルツル素肌に。手ぬぐいと石鹸があればできる!


簡単なのに、ツルツルの肌を手に入れられる「手ぬぐい洗顔」。必要なものは手ぬぐいと石けんだけなのに、古い角質が取れてキレイなお肌になれると話題です。しかも、面倒なクレンジングも必要なし。

美肌を目指す人も、ズボラな人にもおすすめの洗顔方法とは、いったいどんなものなのでしょうか。

手ぬぐい洗顔とは?

手ぬぐい洗顔は、その名の通り手ぬぐいと固形石けんを使って顔を洗う方法。簡単に始められて、美肌も育てられるということで続けている人も多いようです。

手ぬぐい洗顔はこんな人におすすめ

手ぬぐい洗顔は、下記に挙げるような悩みを抱えている人にぜひ試してほしい洗顔方法です。

  • 肌のくすみが気になっている人
  • 肌の乾燥が気になっている人
  • 肌のキメに乱れを感じる人
  • 皮脂が出やすい人
  • 顔のテカリが気になる人
  • 手ごろなケアを求めている人

このように、肌に悩みを抱えている人におすすめ。加えて、手ごろに始められるケアを求めている人にもピッタリということができます。

手ぬぐい洗顔はこんないいことがある!

手ぬぐい洗顔には、さまざまなメリットがあります。手ぬぐいも石けんも、手軽に手に入るアイテムですから、自分の肌に合うものなのかトライしやすいのが良いところ。

古い角質を取りのぞける

手ぬぐいを使って洗顔すると肌の細かい汚れを取り去ってくれますが、その際に古い角質もオフしてくれます。
古い角質が取り去られると、お肌のターンオーバーも正常に行われるようになりますので、美しい肌に近づけるということです。

美容成分の浸透力アップ

古い角質が取り除かれるため、洗顔後に行うケアで肌につけた美容成分がきちんと肌に浸透されるようになります。
浸透力が弱い場合には、せっかくの美容液などのケア用品も効果を発揮できませんのでもったいないですよね。手ぬぐい洗顔で浸透力の高い肌を手に入れましょう。

メイクも一緒に落とせるので肌への負担が減る

軽いメイクであれば、クレンジングの必要がありませんので、成分が強いクレンジングで肌に負担をかけることが無くなります。クレンジング剤による負担が気になっている方は、試してみてはいかがでしょうか。

また、クレンジングが不要になるので毎日の洗顔にかける時間が短くなるというのもメリットですね。

正しい手ぬぐい洗顔のやりかた

では、手ぬぐい洗顔の方法を見ていきましょう。必要なものと手順を紹介します。

必要なもの

手ぬぐい洗顔を始める時には、下記の2つを用意します。

  • 手ぬぐい
  • 市販されている手ぬぐいは、そのままでは洗顔には大きすぎるため、ハンカチくらいのサイズに切っておきましょう。何度か洗って柔らかい手触りにしておいてください。

  • 固形石けん
  • 特別なものは必要ありません。普通にスーパーやドラッグストアなどで販売されている石けんを用意してくださいね。

手ぬぐい洗顔の手順

準備ができたら、手ぬぐい洗顔をはじめましょう。下記の手順で行っていきます。

  • 顔をぬるま湯で濡らす
  • まずぬるま湯で顔を濡らしましょう。化粧を落とさないままでも問題ありません。
    もし、濃いアイメイクなど気になる部分がある場合には、一度クレンジングなどでオフしてからでも大丈夫。ウォータープルーフやラメ入りのコスメを使っている場合は落とした方が良いでしょう。

  • .濡らした手ぬぐいでアイメイクを優しく拭き取る
  • 手ぬぐいをぬるま湯で濡らして軽く絞り、アイメイクをしている部分をぬぐっていきます。まぶたの上から下に向かって優しくぬぐいましょう。
    この段階ではアイメイクが完全に落ちないかもしれませんが、問題ありません。

  • 固形石けんを手ぬぐいにつけて泡立てる
  • アイメイクを落としたら、手ぬぐいを再度濡らして固形石けんをつけて泡立ててください。

  • 顔全体を手ぬぐいでなでる
  • 石けんを泡立てた手ぬぐいで、顔全体をなでるように洗います。このときにゴシゴシこすらないように注意しましょう。円を描くようなイメージで、肌の上を泡で滑らせるように優しく洗ってください。
    小鼻など、細かい部分を洗うときには、指先に手ぬぐいを巻きつけて優しく洗いましょう。

  • 石けんの泡を完全に洗い流したら、冷水で肌を引き締める
  • 石けんの泡はぬるま湯で洗いながしてください。すすぎ残しがないようにしっかりと洗ったら、冷水で肌を引き締めます。
    そのあとは通常通りのお手入れで保湿してください。

手ぬぐい洗顔の頻度は?

手ぬぐい洗顔を毎日行うと、肌への負担が大きすぎる場合があります。ですから、はじめのうちは1週間に2〜3回に留めておき、肌の調子を見ながら行うようにしましょう。
肌に合うようであれば回数を増やしても構いません。ただし、たまには休息日を作って肌を休めてあげると良いでしょう。

また、生理の時など肌がデリケートになっている時期にはあまり刺激を与えないほうが良いため、手ぬぐい洗顔を控えるのがおすすめです。

どんな手ぬぐいを選んだらいいの?

手ぬぐい洗顔に欠かせない手ぬぐいですが、どんなものでも良いというわけではありません。抑えておきたい選び方のポイントをご紹介します。

無地のものを選ぶ

まず、色や柄が入っているものは手ぬぐい洗顔にはあまり向いていません。柄が入っているものだと、洗顔中に染料が落ちてくる可能性があります。柄の入っていない無蛍光生地を選ぶと良いでしょう。

どの生地を選ぶのがいい?

手ぬぐいを選ぶときに、生地の種類を見ていくと、さまざまな種類があることに気づくはず。手ぬぐいは、大きく分けて「総理・文」と「岡・特岡」の2つに分類されます。

この2つを比較すると、「総理・文」は太めの糸、「岡・特岡」は細めの糸で編まれているので、手触りが異なってきます。「岡・特岡」の方が目が細かいので柔らかい手触りなので、洗顔に用いるなら「岡・特岡」の手ぬぐいを選ぶようにしましょう。

洗顔前に2回程度洗ってから使いましょう

いくら手触りが柔らかい生地を選んだとしても、初めて手ぬぐい洗顔を行う前には何度か洗ってもんで、柔らかい状態にしておいてくださいね。
この段階を踏むことで、肌への負担が格段に減ります。

手ぬぐいを洗うときは手洗いで

洗顔をした後には手ぬぐいを洗って清潔にしておきましょう。
ただし、洗濯機で洗うと繊維が毛羽立ったりしてしまい、次回洗顔に使ったときに肌に負担を与えてしまうことがあるのでおすすめできません。手ぬぐいを洗うときには手洗いで優しく。

今は、洗顔用に作られた手ぬぐいも販売されています。どれを選んでいいかわからないのであれば、専用の手ぬぐいを購入すると間違いはありませんね。
¡

手ぬぐい洗顔で、美肌を育てよう

手ぬぐい洗顔を行う時のポイントは、「手ぬぐい選び」と「優しく洗うこと」につきます。メリットもたくさんある手ぬぐい洗顔をぜひ、試してみてくださいね。ただし、いくら肌がきれいになるからといって、やりすぎは禁物ですよ!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!