痩せないのは水太りが原因かも。代謝を上げてメリハリボディに!


ダイエットをしても、ウェストや脚、二の腕がブヨブヨしてくびれがないのはなぜでしょう?それは、「脂肪太り」ではなく「水太り」の可能性があります。

では「水太り」とは、一体なんなのでしょうか?水太りの特徴や原因を理解する事で、毎日の生活の仕方も自然に変わってきます。

また、具体的な改善策を知る事でくびれのあるスリムな体を手に入れる事ができるでしょう。

水太りとは一体なに?

「水太り」とは、一体どういったものなのでしょうか?

新陳代謝の低下やリンパの流れが滞る事によって、体内の余分な水分や老廃物が排出されない状態のことを一般的に「水太り」と言われます。

本来ならば、大半の水分は尿や汗によって排泄されます。しかし、筋力の衰えによって新陳代謝が低下してしまうと、上手く処理しきれず体に残ってしまう状態になります。

また、リンパ管や腎臓、肝臓の機能の低下によっても代謝が低下してしまい、体に余分な水分が溜まってしまうことにもなります。

現代医療では水太りは、病気でも肥満症状でもありませんが、「未病」といって病になる前の状態とも言われています。放置しておくのはよくないとされています。

ただの水太り、むくみだと思っていても重大な疾患が隠されている事もあります。腎臓病や心臓病、肝臓病や甲状腺機能の低下などです。症状がひどい場合は、お医者様の診断された方が安心です。

水太りの特徴は?

一般的な肥満とは、食べ物を食べて得た摂取エネルギーから、体を動かして消費するエネルギーをひき、余ったエネルギーが中性脂肪として蓄えられる事で肥満となります。

しかし、水太りは新陳代謝の低下やリンパの流れの滞りが原因で、水分排出が上手くいかず、水分と老廃物が残りむくみとなってあらわれます。ですので、太っている部分を触るとブヨブヨしたり、皮膚を押すと跡が残ったり、なかなか元に戻らないなどの状態が、水太りの特徴と言えます。

【水太りの特徴】
・朝と夕方で体重が1㎏ほど違う
・下半身が太い
・夕方になると靴がキツイ
・皮膚や脂肪がやわらかい
・体が冷えやすい
・胃腸が弱い
・月経時にゼリー状の塊が出る
・月経時過多で水っぽい

水太りの原因は生活習慣からも影響が!?

水太りは、新陳代謝の低下やリンパの流れの滞りが大きく関わっている事がご理解いただけたと思います。その原因は、普段の生活の仕方から自ら呼び起こしている事も考えられるのです。

●同じ姿勢で長時間過ごす
デスクワークや立ち仕事といった様に同じ姿勢で長時間過ごすと、血行が滞りリンパの流れを悪くさせます。同じ姿勢は、体の動きが少なく汗をかきにくいので、余分な水分や老廃物が排出されにくいのです。出来るだけ、休憩時間にストレッチを行い体をほぐしてあげると良いでしょう。

●運動不足
忙しい世の中、なかなか運動をする時間が作れない方も多いようです。運動や体を動かさないでいると、血行が悪くなるだけでなく、筋肉も衰えてゆき新陳代謝も低下してゆきます。

特にふくらはぎの筋肉は、「第二の心臓」と呼ばれ血液を流すポンプの役割があります。筋肉が衰えないように鍛えてゆきましょう。

●塩分の摂りすぎ
普段の食事で塩分量が多くなると、必要以上に水分を摂るようになります。そうすることで、水分排出が上手く行われずに体に余分な水分が残り、むくみとなってあらわれます。

また塩分には塩化ナトリウムが多く含まれていて、水分を溜め込む性質があります。水太りの原因になるので、塩分の摂りすぎは注意が必要です。

・・・塩の種類を見る・・・
スーパーなどで販売されている精製された塩は「食卓塩」となります。塩化ナトリウムが多いため体内に水分を溜め込みやすくなります。

しかし、塩田で作られるような「天然塩」には、塩化ナトリウムよりもマグネシウムやカリウムなどのミネラルが多く含まれています。そのため適量の塩分ならば、水太りになる心配は少なくなります。

●冷え
体の冷えは、新陳代謝やリンパの流れを低下させます。体が冷える事で血の巡りを悪くし、余分な水分や老廃物が流れにくくなるからです。

体温が一度の上下するだけで、代謝が約12%違ってくることが分かっています。日頃から体をあたためる工夫をすると良いでしょう。

●水分の取り方
水太りしたくないからと水分を過度に控えてしまうと、水分が不足しがちになり、体が危機を感じて勝手に水分を溜めこもうとします。結果、水太りの原因になってしまいます。

また水分が不足することで血行も悪くなり、リンパの流れも滞ります。血液自体もドロドロになりますし、静脈が水分を吸収できなくなって、むくみを引き起こすこともあります。水分不足にならないように、こまめに水分補給を行いましょう。

◆◆◆水を飲むと水太りになる?◆◆◆
水自体はカロリーもゼロですし、デトックス効果もあるので飲んでも太りません。1日に2リットルを目標に飲んだ方が良いとされています。

しかし、逆に水を飲んで太る体質の方もいます。基礎代謝が低下して体が冷えている人です。そういった方は、水の飲みすぎはむくみとなり害になる場合があります。水をたくさん飲む事で、かえって体を冷やす原因にもなるので、飲む水の量には注意が必要です。

水太り改善する方法

水太りの原因と、普段の生活がきっかけで水太りの原因を作ってしまっていることにも気付いていただけたと思います。では、具体的な改善法を紹介します。①水太り改善するおすすめの食べ物、②水太り改善するおすすめの飲み物、③水太り改善する入浴、④水太り改善する運動やスクワット、⑤水太りに効果的なツボです。普段の生活に取り入れてゆきましょう。

①水太り改善するおすすめの食べ物

水太りに効果的な食べ物として、カリウムを多く含む食物の摂取もおすすめします。カリウムは、五大栄養素であるミネラルの一種です。

【カリウムの効果】
・身体の機能向上や働きに欠かせない栄養素で、尿や汗による代謝を促す効果もあります。

・塩分を摂りすぎた場合、身体に不要なナトリウムが溜まってしい、水太りの原因になります。しかしカリウムは、ナトリウムの排出を助けてくれるといわれています。

・・・カリウムが多く含まれる食べ物・・・
バナナ、イチゴ、アボカド、トマト、キュウリ、納豆など

カリウムは、ストレスを感じると排泄されやすくなります。また、不足すると足がつりやすくなったり、脱力感が増したりするようなので意識して食べるようにしましょう。

②水太り改善するおすすめの飲み物

水太りを解消するためには、適度な水分補給が必要です。特に温かいお茶を飲むこと手軽に美味しく飲めるだけでなく、体も温められるので水太りを解消するのにもってこいです。

●桑の葉茶
体内の余分な水分を排出してくれるので、水太り改善の効果が期待でます。特に顏や脚のむくみなどが気になる方におすすめです。

●ハトムギ茶
ハトムギには利尿作用が高く、体内の余分な水分の排出の手助けをしてくれます。更にハトムギ茶は、ニキビ対策にも効果があり女性嬉しいお茶です。

●どくだみ茶
どくだみ茶は、その名の通り「毒を出す」デトックス効果が高いお茶です。あせもや湿疹などの皮膚炎にも効果的ですので、お風呂に入れても良いとされています。どくだみは身体にこもった余分な熱を取ってくれる効果もあるのです。

●黒豆茶
体内の余分な水分を排出してくれるため、水太りの改善に効果的なお茶です。桑の葉茶同様、顏や脚のむくみなどが気になる人にもおすすめです。

●とうもろこしのひげ茶
利尿作用があり水太り解消の手助けをしてくれます。嬉しい事に、鉄分も含まれているので貧血気味の方にもおすすめお茶です。

他にも、もっと身近な飲み物で白湯やウーロン茶、ルイボスティーもおすすめです。

一度にたくさんの量を飲むのではなく、何回かに分けて時間をかけてゆっくり飲む事がポイントです。冷たい飲み物は、喉は潤しますが内臓を冷やしてしまう可能性があるので、注意が必要です。

◆◆◆控えた方がよい飲み物は?◆◆◆
緑茶は体の良いとされていますが、体を冷やす作用があるため水太りの改善には適していません。

他にも、アルコールやカフェインを多く摂取するのも控えた方がよいでしょう。特に寝る前に飲むのは、寝不足をまねいたり、翌日のむくみの原因となります。

③水太り改善する入浴

普段の入浴はどのようにされていますか?時間がないからといって、シャワーのみで済ましていませんか?短い時間でも良いので湯船につかるようにしましょう。

冷え性の人は、特に体の芯を温めてあげると良いです。体が温まれば代謝が促進さ、血流も良くなるので水太りの改善になります。湯船につかる事で汗もかき、余分な水分や老廃物を排出することもできます。また、寝る前に入るとリラックスできるため、睡眠の質もよくなります。

入浴しながら、水太りが気になる部分をマッサージするのも効果的です。

体温を38度以上に温めることで、ヒートショックプロテイン(HSP)というたんぱく質が増え代謝が上がります。

・・・ヒートショックプロテインとは?・・・
ヒートショックプロテインとは、熱やさまざまなストレスを受けると、それらから細胞を守るために生まれるたんぱく質のことです。ヒートショックプロテインが増えると、傷ついた細胞がどんどん修復し、細胞が元気にもなってゆきます。また、代謝だけでなく免疫力も上がるとされています。

④水太り改善する運動やスクワット

運動をして汗をかくことで、余分な水分や老廃物が排出されやすくなります。そして、運動する事で筋肉アップにもつながるので、水太り改善に役立ちます。

汗をじんわりかけ、手軽に始められる事からウォーキングやジョギングがおすすめです。

下半身の筋力を強化するには、スクワットが最適です。ふくらはぎの筋肉が強化される事で血液のポンプ機能が改善され、リンパの流れや血行がよくなり冷えや水太りの解消に繋がります。

1セット10回、1日3セット行うだけで効果がみられます。

スクワットは、水太りの解消だけでなくヒップアップやお腹をスリムにする効果もあります。

⑤水太りに効果的なツボ

水太りに効果的なツボが2つありますので、紹介いたします。「水分(すいぶん)」と「腎兪(じんゆ)」です。

●水分(すいぶん)
水分(すいぶん)とは、その名のとおり身体の中の水を分けてゆきます。余分な水を体の外に排出する作用があり、体をスッキリさせるツボです。

【場所】
おへそから指1本分上にあります。

【押し方】
両手の中指で、押し込むように強めに10回ほど押してゆきます。息を吐きながら行ってみましょう。

●腎兪(じんゆ)
腎兪(じんゆ)とは腎臓と関係のあるツボです。ツボを押して刺激することで腎臓や膀胱の働きを高めます。全身の水分調節にも働きかけ、水分をスムーズに排出させます。

【場所】
腎兪は背中側にあり、ウエストラインの一番くびれた高さから、背骨を中心に指2本分外側にあるツボです。へその高さで腰に手を置いた時、自然に親指が届いたところあたりです。

【押し方】
わき腹をつかむように手を置き、親指で強めに10回ほど押します。息を吐きながら行います。

また、両手をこぶしにして第3関節で腎兪の外側を押しながら左右にグリグリともむのもよいです。

腎兪はぎっくり腰にも効果があるツボです。押して痛い場合は、ぎっくり腰予備軍かもしれません。カイロを腎兪に貼ると痛みも和らぎます。

水太りを改善して、くびれのあるメリハリボディーへ!!

水太りを改善してゆくと、女性らしいくびれのあるメリハリボディーになれます。余分な水分や老廃物が排出されているため、体も心もスッキリする事でしょう。

水太りとサヨナラすることで、ウェスト周りも二の腕部分もほっそりするので、今まで以上にお洒落を楽しむ事も出来ます。

筋肉も適度につく事で、新陳代謝が上がり痩せやすい体にもなり、免疫力もアップして病気にもなりにくくなります。体も心も元気に美しくなって、さらに素敵な女性になってゆきましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!