白目を白くする方法。目の美しさは若々しく健康的で好印象!

髪型もメイクもばっちりなのに、なんだか自分の顔が冴えない…。そんな経験はありませんか?そのように感じる原因は、もしかしたらあなたの白目の色がいつもと違うから、という可能性もあるんです。

鏡で自分の顔を見るときに、意外とじっくりと見ることの少ない白目。実は白目の白さによって、ずいぶんと印象が左右されてしまうのです。

白目が白いことの重要性とそのメリット、どのような方法で白目を白くすることができるのか、詳しく見ていきましょう。

白目、意識したことはありますか?

あなたの白目は何色ですか?どんな様子ですか?

アイメイクをはじめとして、メイクはしっかりと鏡を見ながらしているはずなのに、また自分の髪型や表情のチェックはしっかりとしているはずなのに、意外と確認をし忘れてしまう白目の部分。あなたの白目について、色や状態を見てみましょう。

いかがでしょう?透明感のある白色をしていますか?

このようにチェックの際に盲点となってしまいがちな白目ですが、実はあなたの顔、そしてあなた自身の印象にも大きく影響しています。

白目は髪型やメイク、表情のように簡単に変えることはできませんが、それでもその見た目によって印象が大きく変わってしまうのです。

実は若々しさの証にもなる

まずは、白目が白いということから受ける印象について、どのようなものなのかを考えてみましょう。

たとえば、あなたの目の前にひとりの人がいることとします。服装も髪型もきちんとしていますが、ふと顔に目をやってみると、目が充血しています。さて、あなたは目の前の人物に対して、どのような印象を持つでしょうか?

目の充血など、本来の「白色」ではないというだけで、どうしても「疲れ」や「寝不足」といったネガティブなイメージが伴ってしまいませんか?

さらには、疲れているように見えることから「老けている」という印象までも。

残念なことに、白目の白さが失われていく原因の一つとして「加齢」も含まれています。そのため白目が白いということは、若々しさの証とも言うことができます。

白目の色の変化は体のサイン

先に触れた充血もそうですが、白目の色が変化するのには原因があります。健康面や生活習慣の影響を受けることもあるためです。

  • 目の疲れ
  • 睡眠不足
  • 紫外線
  • ストレスや身体的な疲労
  • スマホやパソコンなどのブルーライトの影響
  • 加齢
  • 喫煙や飲酒による肝機能の低下

以上のような原因により、白目の色には変化が現れるのです。

白目を白くする方法

では体からのサインでもある白目の色の変化について、どのように元の白色に戻したらよいのでしょうか。

目薬

特に気になるのは、日頃起きてしまいやすい目の充血なのではないでしょうか。目の充血のいちばん簡単な解決法として、目薬の使用が挙げられます。ただし、この方法はあくまでも一時的な対処法なので、根本的な解決と言うには難しいでしょう。

充血が生じた原因について、一度振り返ってみることが大切です。

生活習慣の改善

白目の濁りの原因として、睡眠不足だけではなく心身や目そのものの疲れもあります。

目をしっかりと休ませること、質の良い睡眠をきちんととることで、白目の白さを取り戻すことができます。いまいちど、自分の生活を振り返ってみて、生活習慣が乱れていると感じるのであれば、すぐにでも取り組むことができますね。

ルテイン・DHAの摂取

ルテインは、私たちの目を守るのに大きく貢献しています。ブルーライトや紫外線など、外部の刺激から目を守るだけではなく、目の内部において大変重要な働きをする「黄斑部」と呼ばれる部分を活性酸素から守るという働きもあるのです。

ルテインを多く含む食品として、緑黄色野菜が挙げられます。中でもほうれん草はその代表格。パセリやケールにも、ルテインが多く含まれています。身近な食品に含まれているので、比較的取り組みやすいのではないでしょうか。

また、なかなか食品からの摂取が難しいという場合には、サプリメントを利用するという方法もありますね。「目を守る」ための栄養素を取り入れることで、目の健康状態を保つことにも繋がるのです。

紫外線対策

目を守る成分について前述しましたが、やはりその元となる刺激を絶つことも大切です。完全に絶つことは難しいかもしれませんが、なるべくサングラスをかけるなどの対策をすることで、紫外線から目を守ることが可能です。

手術

歯のホワイトニングと同様、実は白目を白くする手術もあります。アメリカではこの白目に対する美容意識も高く、「I-BRITE」という手術が存在します。実現するにはかなりハードルが高めではありますが、選択肢の一つとして考えてみても良いでしょう。

以上のように、自分で意識することで白目の白さを取り戻すことは可能です。ただし、これらですべてが解決するというわけではありません。中には素人判断では気づくことが難しい目の病気という可能性も否定できません。

自分で気をつけていても改善されない場合には、眼科を受診し、医師から適切なアドバイスをもらうことが大切です。

できることからはじめてみては?

いかがでしたか?

白目も歯と同様に、白くあるべき部分が白いことで相手に与える印象が変わること、若々しい印象を与えられることがおわかりいただけたのではないでしょうか。白さを取り戻す方法も簡単なものが多く、自身で意識的に取り組むことが可能ですね。

できることから始めて、健康な目、若々しい目に近づいてみませんか?

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!