白湯(さゆ)の美容効果。飲むだけでダイットと免疫力アップ!

皆さんは白湯を飲んでいますか?飲んでいる方は、どんな風に白湯を作っていますか?

なんとなく温かいお湯を飲めば美容や健康に良い気がしますが、実はきちんとした作り方があるのです。実は正しい作り方でないと心配な点もあり、体のために飲み始めたもののいい飲み方ではなかったなんてことも。

そこでこの記事では白湯のこと、作り方、メリットの3つをまとめてみました。

白湯とは

白湯と聞くと、皆さんはどんなイメージをもつでしょうか?お湯、薬を飲む時のもの、または赤ちゃんに飲ませてあげるものなど色々思い浮かぶと思います。

白湯とは、一度沸騰させてから少し冷ましたお湯のことを言います。それを少しずづ時間をかけて飲むことが体に良いとされています。

最近では白湯の健康へのメリットが話題になりなんとなく体に良さそうだなと思う方は多いのではないでしょうか。美容や健康意識の高い方は既に取り入れている方もいるでしょう。

しかしどこにどんな風に良いとされているのかすぐに思い浮かんできますか?実はとても優れた飲み物だったのです。

白湯が体に良い理由

白湯が水と違うところ…それは何と言っても温かいこと。温かいと言うだけでも2つの良いことがあります。それはダイエット効果免疫力アップ

白湯を飲むことは身体を温めるということ。すると胃腸の働きがスムーズになり消化吸収しやすくなります。

体の毒素も流れやすくなるためダイエットの効果が期待できます。

そして丈夫になるということ。そもそも冷えは万病の元と言われていますね。

女性は特に冷え症に悩む方も多いです。温められた内臓により体温も上昇し、免疫機能がアップします。

人の健康な体温は37度と言われています。脇の下で測った時に36.5度程度。白湯を飲むことは風邪予防にもなるのです。

これだけでも嬉しいですよね。もちろん白湯だけ飲んでいれば良い訳ではありませんが、ジュースやコーヒーにしていたのを置き換えることで糖分やカフェインの摂取量も減らせます。

白湯にすると美味しい

水道水をそのまま飲んだ時、どんな味がしますか?美味しいと感じるでしょうか。

水道水はその安全性を保つために塩素や色々な物質が含まれています。日本の水道水は安全とはいえ、そのまま飲むことに抵抗がある方もいるのではないでしょうか。

しかし煮沸することで特有の臭いなどを除去することができますよね。沸かすのが面倒だと感じる方もいると思いますが、味に関しては水道水をそのまま飲むより確実に美味しいです。

その秘密は白湯の作り方にありました。

白湯とアーユルヴェーダとの関係

昔から人々に飲まれている白湯ですが、世界的に最も古い療法と言われるアーユルヴェーダの考えでも白湯は非常にオススメされています。

白湯は人の体の中の水分に非常に近く、副作用がほぼありません。赤ちゃんに母乳以外で水分を与える場合も白湯は安心してあげられるものの一つですよね。

アーユルヴェーダの考えでは食事(体に取り入れるもの)は健康に大きな影響を与えると考えられます。その中でも白湯は最高の飲み物だとされています。

それは、白湯を作る上で人のパワーの源となる地・水・火・風・空の全てが含まれると考えられているからです。

アーユルヴェーダ式白湯の作り方

まず、お水を沸かします。鍋、やかん等(できれば土鍋)に水を入れ、なるべくガス火で沸かします。この時換気を忘れないようにしましょう。

沸騰したら蓋を取り、そのまま10分〜15分程沸かし続けます。最後に火を止めて、保温性のあるポットなどに移し、飲む時に少し冷まして飲みます。

これだけです。ここでのポイントは3つ。

  • 1.ガス火で沸かすこと
  • アーユルベーダでいう火(ピッタ)のエネルギーを使うことが重要だとされています。湯沸かしポットなど便利なものが多いですが、できれば土鍋(地のエネルギー)で、火で沸かすことが良いとされます。

  • 2.換気をすること
  • これは風(ヴァータ)のエネルギーを流すということです。ですが安全面を考えても換気はした方が良いので普通にしますよね。

  • 3.沸騰してもすぐに火を止めないこと
  • これは水・空気の力を流す意味でもそうですが、実は沸騰した時点ですぐに火を止めてしまうことはあまりお勧めしません。

    なぜなら沸騰した時が、ごくわずかですが水中のトリハロメタンと言われる有害物質の量が一番多くなるとされるからです。

    もちろん安全に飲める水道水ですが、火にかけることで水の中のバランスが変化します。沸騰させることでカルキ臭などの臭いは消えます。

    しかしトリハロメタンを除去するにはしばらく沸騰させ続けることが大切です。体にとって不要なものをあえて取りたくはないですよね。

    5〜10分程でそれはなくなります。その面からもしばらく沸騰させるのをお勧めします。

健康な人は白湯が美味しい

飲む時の温度以外に白湯の味が変化する場合があります。それは自分自身の体調の変化がある時。健康な時は美味しく感じるのです。

それ以外に
・苦い時…胃酸が多くなっている時
・酸っぱい時…水分不足な時
・しょっぱい時…体が冷えている時
・甘い時…体のむくみがある時

などが考えられます。同じものを飲んでいるのに味が変わるなんて不思議ですよね。毎日の習慣にして体のチェックもしてみましょう。

白湯を飲むタイミング

一度にたくさんではなく、コップ1杯分を飲むとよいとされます。

  • 朝起きたら
  • 朝は体温が低いです。体を温めて1日を過ごすウォーミングアップとして飲みましょう。

    夜のうちに作っておき、翌朝起きてすぐ飲めるようにするとスムーズです。

  • 食事の間
  • コーヒー代わりに
  • コーヒーも多少は良いですが飲みすぎると良くありません。少し控えたいなと思っている方は温かい白湯でホッと一息してみてはいかがでしょうか。

特に妊娠中はカフェインの摂取も抑えたいですよね。カフェインレス飲料に白湯をプラスすると良いですね。

今夜から白湯を飲もう

白湯といえどもその歴史は古く、健康に良い理由がありました。健康がブームと言われてる現在。ブームで終わるのではなくしっかりと生活に取り入れたいですね。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!